Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 従九位(じゅくい)は、日本の位階における位の一つ。正九位の下、大初位の上の位階である。従九位は、明治時代初期の太政官制において、明治2年(1869年)7月に制定され同年8月22日に定められた職員令により、設けられた。従九位は、民部省・大蔵省の省掌などに相当する。なお、職員令制定の際に大初位・少初位に相当する職掌が設けられず「虚位」となったことから、実務的には最も下の位階となった。栄典としての位階制が定められた叙位条例(明治20年勅令第10号)、位階令(大正15年勅令第325号)には、九位はない。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 730769 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 835 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56625238 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 従九位(じゅくい)は、日本の位階における位の一つ。正九位の下、大初位の上の位階である。従九位は、明治時代初期の太政官制において、明治2年(1869年)7月に制定され同年8月22日に定められた職員令により、設けられた。従九位は、民部省・大蔵省の省掌などに相当する。なお、職員令制定の際に大初位・少初位に相当する職掌が設けられず「虚位」となったことから、実務的には最も下の位階となった。栄典としての位階制が定められた叙位条例(明治20年勅令第10号)、位階令(大正15年勅令第325号)には、九位はない。
rdfs:label
  • 従九位
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of