Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 後瀬山城(のちせやまじょう)は、福井県小浜市にあった日本の城。若狭最大級の城であったが、比較的標高の高い山上に築かれていた為、北山麓に水堀を廻らせた常時住まいする大規模な守護館(武田氏館)が設けられていた。東山麓の発心寺も城砦の一部と考える見方もある。城跡は「国の史跡」に指定されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1903044 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1851 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59152873 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:buildY
  • 1522 (xsd:integer)
prop-ja:builders
prop-ja:culturalAsset
  • 史跡
prop-ja:name
  • 後瀬山城
prop-ja:pref
  • 福井県
prop-ja:remains
  • 曲輪跡、堀切・土塁
prop-ja:struct
  • 山城
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 後瀬山城(のちせやまじょう)は、福井県小浜市にあった日本の城。若狭最大級の城であったが、比較的標高の高い山上に築かれていた為、北山麓に水堀を廻らせた常時住まいする大規模な守護館(武田氏館)が設けられていた。東山麓の発心寺も城砦の一部と考える見方もある。城跡は「国の史跡」に指定されている。
rdfs:label
  • 後瀬山城
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of