Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『後拾遺和歌集』(ごしゅういわかしゅう)は八代集の第四、『拾遺集』の後継たるべく編まれた勅撰和歌集である。勅命は白河天皇、撰者は藤原通俊。承保二年(1075年)奉勅、応徳3年(1086年)9月16日完成を見、同年10月奏覧された。二十巻、総歌数1218首(新編国歌大観本)。構成は古今和歌集を基とし、春(上・下)、夏、秋(上・下)、冬、賀、別、羇旅、哀傷、恋(四巻)、雑(六巻)からなる。巻二十(雑歌六)に収める「神祇」「釈教」の分類は勅撰集における初見。選歌範囲は『古今』『後撰』以後、村上朝から白河朝までの約130年間である。この歌集は、絢爛たる王朝文化が衰退しはじめた頃、華やかなりし昔を振り返ったともいうべきものである。主な歌人は、和泉式部(67首)・相模(39首)・赤染衛門(32首)・能因法師(31首)・伊勢大輔(26首)と、一条朝前後の宮廷で活躍した才女歌人が上位を占め、女流の比重も三割と大きい。ほかに、清原元輔・大中臣能宣・源道済・藤原長能・同公任ら後撰・拾遺時代の歌人も重視されている。和泉式部の激情がほとばしる恋歌から、赤染衛門の細やかな思い遣りの贈答歌、能因・良暹ら僧侶歌人の旅情豊かな歌、曾禰好忠の大胆な型破りの歌まで、その作者・作風ともに多様である。また、詠歌背景を詳しく説明する長文の詞書が多く、散文的特色が指摘されている。『後拾遺集』は、格調よりも率直な情感を重んじ過ぎたため、撰者が若輩の歌人であったこともあいまって撰進当時から批判の声が多かった。たとえば、歌壇の重鎮でありながら撰者の任に漏れた大納言源経信(1016~1097年)は、『難後拾遺』を著して論難した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 80395 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1490 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56875310 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『後拾遺和歌集』(ごしゅういわかしゅう)は八代集の第四、『拾遺集』の後継たるべく編まれた勅撰和歌集である。勅命は白河天皇、撰者は藤原通俊。承保二年(1075年)奉勅、応徳3年(1086年)9月16日完成を見、同年10月奏覧された。二十巻、総歌数1218首(新編国歌大観本)。構成は古今和歌集を基とし、春(上・下)、夏、秋(上・下)、冬、賀、別、羇旅、哀傷、恋(四巻)、雑(六巻)からなる。巻二十(雑歌六)に収める「神祇」「釈教」の分類は勅撰集における初見。選歌範囲は『古今』『後撰』以後、村上朝から白河朝までの約130年間である。この歌集は、絢爛たる王朝文化が衰退しはじめた頃、華やかなりし昔を振り返ったともいうべきものである。主な歌人は、和泉式部(67首)・相模(39首)・赤染衛門(32首)・能因法師(31首)・伊勢大輔(26首)と、一条朝前後の宮廷で活躍した才女歌人が上位を占め、女流の比重も三割と大きい。ほかに、清原元輔・大中臣能宣・源道済・藤原長能・同公任ら後撰・拾遺時代の歌人も重視されている。和泉式部の激情がほとばしる恋歌から、赤染衛門の細やかな思い遣りの贈答歌、能因・良暹ら僧侶歌人の旅情豊かな歌、曾禰好忠の大胆な型破りの歌まで、その作者・作風ともに多様である。また、詠歌背景を詳しく説明する長文の詞書が多く、散文的特色が指摘されている。『後拾遺集』は、格調よりも率直な情感を重んじ過ぎたため、撰者が若輩の歌人であったこともあいまって撰進当時から批判の声が多かった。たとえば、歌壇の重鎮でありながら撰者の任に漏れた大納言源経信(1016~1097年)は、『難後拾遺』を著して論難した。
rdfs:label
  • 後拾遺和歌集
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of