Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 待ち伏せ(まちぶせ、英: Ambush)は、戦闘や狩猟での戦術行動の一種であり、予め交戦地域やキルゾーンを設定して部隊(人員)を適所に配置し、敵や獲物に発見されることなく偽装して目標の観察をし、適時において奇襲を加えるという攻撃である。軍隊や特殊部隊などの多くの軍事組織や、狩猟活動で使用され、現代戦術論の基本的な攻撃の一種であり、「伏撃」と呼ばれている。また、人間以外の動物が捕食時に獲物を襲うのに使う同様の行動に対してもこの語をあてる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 795779 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58287440 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 待ち伏せ(まちぶせ、英: Ambush)は、戦闘や狩猟での戦術行動の一種であり、予め交戦地域やキルゾーンを設定して部隊(人員)を適所に配置し、敵や獲物に発見されることなく偽装して目標の観察をし、適時において奇襲を加えるという攻撃である。軍隊や特殊部隊などの多くの軍事組織や、狩猟活動で使用され、現代戦術論の基本的な攻撃の一種であり、「伏撃」と呼ばれている。また、人間以外の動物が捕食時に獲物を襲うのに使う同様の行動に対してもこの語をあてる。
rdfs:label
  • 待ち伏せ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:type of
is foaf:primaryTopic of