Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『影が行く』 (Who Goes There?) は、アメリカの小説家ジョン・W・キャンベルにより、1938年に発表されたSF短編小説。また、それを表題作とする短編集。短編の日本語初訳は『S-Fマガジン』1961年9月号に矢野徹訳で掲載された。キャンベルが、雑誌『アスタウンディング・サイエンスフィクション』の編集長となったのち、ドン・A・スチュアート名義で同誌に発表した。地球に飛来した異星生物と人類が閉鎖空間で繰り広げる対決を緊迫した筆致で描き、映画化もされるなど後世に多大な影響を与えた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2521547 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3775 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57149872 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『影が行く』 (Who Goes There?) は、アメリカの小説家ジョン・W・キャンベルにより、1938年に発表されたSF短編小説。また、それを表題作とする短編集。短編の日本語初訳は『S-Fマガジン』1961年9月号に矢野徹訳で掲載された。キャンベルが、雑誌『アスタウンディング・サイエンスフィクション』の編集長となったのち、ドン・A・スチュアート名義で同誌に発表した。地球に飛来した異星生物と人類が閉鎖空間で繰り広げる対決を緊迫した筆致で描き、映画化もされるなど後世に多大な影響を与えた。
rdfs:label
  • 影が行く
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:basedOn of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of