Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 彩光弾(さいこうだん)は、白、赤、緑など、さまざまな色彩の光(流星または吊星(つりぼし)が迸出される彩光剤が填実された信号弾である。夜間の通信連絡、警報に用いられた。信号拳銃、擲弾筒によって高く飛騰、あるいは航空機から発射される。あらかじめ約された色および形によって地点相互間の、あるいは航空機と地上との間の通信連絡あるいは警報のため、殊に夜間に用いられた。彩煙弾(さいえんだん)とは、同じような意味で彩光でなく、彩煙(黄龍、黒龍など)が迸出されるもので昼間専用であった。戦線の拡大や煙幕の発達にともない、遮蔽力は強化され、肉眼による通視が困難になり、火力の進歩にともない部隊は遮蔽されるようになったため、手号、回光通信などは用を欠くことが増したので、彩光、彩煙はそれらにかわり得る有効な視号通信であるとされた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1758359 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 511 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51021977 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 彩光弾(さいこうだん)は、白、赤、緑など、さまざまな色彩の光(流星または吊星(つりぼし)が迸出される彩光剤が填実された信号弾である。夜間の通信連絡、警報に用いられた。信号拳銃、擲弾筒によって高く飛騰、あるいは航空機から発射される。あらかじめ約された色および形によって地点相互間の、あるいは航空機と地上との間の通信連絡あるいは警報のため、殊に夜間に用いられた。彩煙弾(さいえんだん)とは、同じような意味で彩光でなく、彩煙(黄龍、黒龍など)が迸出されるもので昼間専用であった。戦線の拡大や煙幕の発達にともない、遮蔽力は強化され、肉眼による通視が困難になり、火力の進歩にともない部隊は遮蔽されるようになったため、手号、回光通信などは用を欠くことが増したので、彩光、彩煙はそれらにかわり得る有効な視号通信であるとされた。
rdfs:label
  • 彩光弾
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of