Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 形成性操作タンパク質(けいせいせいそうさタンパクしつ、ディリジェントタンパク質、英: dirigent protein)は、他酵素によって合成される化合物の立体化学を決定づけるタンパク質である。最初の形成性操作タンパク質はForsythia × intermediaにおいて発見された。このタンパク質はコニフェニルアルコール単量体からの(+)-ピノレシノールの立体選択的生合成を指示することが明らかにされている。Reaction of monolignol radicals in the presence of dirigent protein to form (+)-pinoresinolリグナンの生合成は酸化酵素 (oxidative enzyme) によって触媒される。試験管内では、反応は二量体化合物の不均一混合物を与える。反応の間に形成性操作タンパク質が存在すると、1種類の化合物の1種類の立体異性体が高い選択性で得られる。形成性操作タンパク質それ自身は酸化的ラジカル形成活性を持たないように見える、酸化酵素がなければ反応は起こらない。近年、2番目のエナンチオ相補的形成性操作タンパク質がシロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana)から発見された。この酵素は (−)-ピノレシノールのエナンチオ選択的合成を指示する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2524826 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5375 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56826259 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 形成性操作タンパク質(けいせいせいそうさタンパクしつ、ディリジェントタンパク質、英: dirigent protein)は、他酵素によって合成される化合物の立体化学を決定づけるタンパク質である。最初の形成性操作タンパク質はForsythia × intermediaにおいて発見された。このタンパク質はコニフェニルアルコール単量体からの(+)-ピノレシノールの立体選択的生合成を指示することが明らかにされている。Reaction of monolignol radicals in the presence of dirigent protein to form (+)-pinoresinolリグナンの生合成は酸化酵素 (oxidative enzyme) によって触媒される。試験管内では、反応は二量体化合物の不均一混合物を与える。反応の間に形成性操作タンパク質が存在すると、1種類の化合物の1種類の立体異性体が高い選択性で得られる。形成性操作タンパク質それ自身は酸化的ラジカル形成活性を持たないように見える、酸化酵素がなければ反応は起こらない。近年、2番目のエナンチオ相補的形成性操作タンパク質がシロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana)から発見された。この酵素は (−)-ピノレシノールのエナンチオ選択的合成を指示する。
rdfs:label
  • 形成性操作タンパク質
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of