Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 情報工学における形式文法(けいしきぶんぽう、Formal Grammar)は、形式言語を正確に記述するものである。すなわち、(有限の)文字群上の有限長の文字列の(通常無限な)集合を数学的に詳述する規則の集まりである。形式文法は自然言語の文法との類推から文法と名づけられた。形式文法はふたつのカテゴリに分類される。それは「生成」と「分析」である。 生成文法は、ある特定の開始文字から書き換え規則を適用していくことによって言語の文字列を生成することができる規則の集まりである。生成文法は、ある言語に含まれる文字列を生成するアルゴリズムを定式化するものである。 分析的文法(Analytic grammar)は、任意の入力文字列に適用する規則の集まりであり、それによって最終的に真理値が得られ、入力文字列がその文法で表される言語に含まれるか否かを判定するものである。分析的文法は、ある言語の構文解析を定式化したものである。端的に言えば、分析的文法は言語の読み方を記述したもので、生成文法は言語の書き方を記述したものと言える。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 376393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9841 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58374729 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 情報工学における形式文法(けいしきぶんぽう、Formal Grammar)は、形式言語を正確に記述するものである。すなわち、(有限の)文字群上の有限長の文字列の(通常無限な)集合を数学的に詳述する規則の集まりである。形式文法は自然言語の文法との類推から文法と名づけられた。形式文法はふたつのカテゴリに分類される。それは「生成」と「分析」である。 生成文法は、ある特定の開始文字から書き換え規則を適用していくことによって言語の文字列を生成することができる規則の集まりである。生成文法は、ある言語に含まれる文字列を生成するアルゴリズムを定式化するものである。 分析的文法(Analytic grammar)は、任意の入力文字列に適用する規則の集まりであり、それによって最終的に真理値が得られ、入力文字列がその文法で表される言語に含まれるか否かを判定するものである。分析的文法は、ある言語の構文解析を定式化したものである。端的に言えば、分析的文法は言語の読み方を記述したもので、生成文法は言語の書き方を記述したものと言える。
rdfs:label
  • 形式文法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of