Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 当身(あてみ)もしくは当身技(あてみわざ)とは、日本古来から伝承される古武術や武道で急所を「突く・殴る・打つ・蹴る・当てる」などの技術の総称である。中身(あてみ)、当、中(あて)とも書く。流派によっては砕き(くだき)、活殺術ともいう。時代劇などで、腹部を打って気絶させる技も当身の一つである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 181563 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2377 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46705713 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 当身(あてみ)もしくは当身技(あてみわざ)とは、日本古来から伝承される古武術や武道で急所を「突く・殴る・打つ・蹴る・当てる」などの技術の総称である。中身(あてみ)、当、中(あて)とも書く。流派によっては砕き(くだき)、活殺術ともいう。時代劇などで、腹部を打って気絶させる技も当身の一つである。
rdfs:label
  • 当身
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主要技術 of
is foaf:primaryTopic of