Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 弘徽殿(こきでん)とは、平安御所の後宮の七殿五舎のうちの一つ。転じて、弘徽殿を賜った后妃の称としても使われる。後者で女御の場合は「弘徽殿女御(こきでんのにょうご)」とも呼ぶ。清涼殿に近く、後宮で最も格の高い殿舎であり、皇后・中宮・女御などが居住した。清涼殿の北、登華殿の南。西庇は細殿と呼ばれ、『源氏物語』では光源氏と朧月夜がここで出逢ったことになっている。弘徽殿を賜っていたのが知られるのは、醍醐天皇皇后・藤原穏子(藤原基経女)村上天皇女御・藤原述子(藤原実頼女)円融天皇中宮・藤原遵子(藤原頼忠女)花山天皇女御・藤原忯子(藤原為光女)一条天皇女御・藤原義子(藤原公季女)後朱雀天皇皇后・禎子内親王(三条天皇皇女)後朱雀天皇中宮・藤原嫄子(藤原頼通養女)後朱雀天皇女御・藤原生子(藤原教通女) - 「弘徽殿女御歌合」を開いた後三条天皇皇后・馨子内親王(後一条天皇皇女)物語では、『源氏物語』の桐壺帝の妃で朱雀帝の母后、「弘徽殿女御(大后)」が著名である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 845718 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 746 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55545255 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 弘徽殿(こきでん)とは、平安御所の後宮の七殿五舎のうちの一つ。転じて、弘徽殿を賜った后妃の称としても使われる。後者で女御の場合は「弘徽殿女御(こきでんのにょうご)」とも呼ぶ。清涼殿に近く、後宮で最も格の高い殿舎であり、皇后・中宮・女御などが居住した。清涼殿の北、登華殿の南。西庇は細殿と呼ばれ、『源氏物語』では光源氏と朧月夜がここで出逢ったことになっている。弘徽殿を賜っていたのが知られるのは、醍醐天皇皇后・藤原穏子(藤原基経女)村上天皇女御・藤原述子(藤原実頼女)円融天皇中宮・藤原遵子(藤原頼忠女)花山天皇女御・藤原忯子(藤原為光女)一条天皇女御・藤原義子(藤原公季女)後朱雀天皇皇后・禎子内親王(三条天皇皇女)後朱雀天皇中宮・藤原嫄子(藤原頼通養女)後朱雀天皇女御・藤原生子(藤原教通女) - 「弘徽殿女御歌合」を開いた後三条天皇皇后・馨子内親王(後一条天皇皇女)物語では、『源氏物語』の桐壺帝の妃で朱雀帝の母后、「弘徽殿女御(大后)」が著名である。
rdfs:label
  • 弘徽殿
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of