Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 弓削豊穂(ゆげのとよほ)は、日本の古墳時代にいたとされる人物である。生没年は不明。姓(カバネ)は連。雄略天皇の命により、神事を汚して逃げた凡河内香賜を殺した。弓削氏は弓の製作にあたった弓削部を管掌した伴造の一族で、豊穂は史書に現われる弓削氏最古の人物である。『日本書紀』雄略天皇9年(465年)2月1日条にのみ見える。この日、雄略天皇は胸形神(宗像神社の神)を祀るために凡河内香賜と采女を遣わした。しかるに神事の前に香賜が采女を犯したので、天皇が難波日鷹を遣わして誅殺しようとしたところ、香賜は逃げて行方をくらました。そこで弓削豊穂が捜索に派遣された。国内の県を探し回った後、三島郡の藍原(現在の大阪府茨木市安威)で香賜を捕らえて斬り殺した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1727670 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 598 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54725110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 弓削豊穂(ゆげのとよほ)は、日本の古墳時代にいたとされる人物である。生没年は不明。姓(カバネ)は連。雄略天皇の命により、神事を汚して逃げた凡河内香賜を殺した。弓削氏は弓の製作にあたった弓削部を管掌した伴造の一族で、豊穂は史書に現われる弓削氏最古の人物である。『日本書紀』雄略天皇9年(465年)2月1日条にのみ見える。この日、雄略天皇は胸形神(宗像神社の神)を祀るために凡河内香賜と采女を遣わした。しかるに神事の前に香賜が采女を犯したので、天皇が難波日鷹を遣わして誅殺しようとしたところ、香賜は逃げて行方をくらました。そこで弓削豊穂が捜索に派遣された。国内の県を探し回った後、三島郡の藍原(現在の大阪府茨木市安威)で香賜を捕らえて斬り殺した。
rdfs:label
  • 弓削豊穂
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of