Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 建設業法(けんせつぎょうほう、昭和24年5月24日法律第100号)とは建設業を営む者の資質の向上、建設工事の請負契約の適正化等を図ることによつて、建設工事の適正な施工を確保し、発注者および下請の建設業者を保護するとともに、建設業の健全な発達を促進し、もつて公共の福祉の増進に寄与することを目的とする法律である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 193393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1782 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58515542 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
  • 建設業についてなど
prop-ja:効力
  • 現行法
prop-ja:旧題
  • 建築業法
prop-ja:番号
  • 昭和24年法律第100号
prop-ja:種類
prop-ja:通称
  • なし
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 建設業法
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 建設業法(けんせつぎょうほう、昭和24年5月24日法律第100号)とは建設業を営む者の資質の向上、建設工事の請負契約の適正化等を図ることによつて、建設工事の適正な施工を確保し、発注者および下請の建設業者を保護するとともに、建設業の健全な発達を促進し、もつて公共の福祉の増進に寄与することを目的とする法律である。
rdfs:label
  • 建設業法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:根拠法令 of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of