Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 建武(けんぶ)は、後漢の光武帝劉秀の治世に行われた最初の元号。25年 - 56年。建武32年(56年)は4月に改元され、建武中元元年となった。この元号は、漢王朝を再興した際に初めて制定されたものであることから、後に日本で天皇親政を再興した後醍醐天皇が採用する(建武(けんむ):南朝は1334年1月29日 - 1336年2月19日、北朝は1334年1月29日 - 1338年8月28日)。元年:6月、劉秀(光武帝)は更始朝より独立して鄗(こう、現河北省高邑県)において即位、建武と改元。10月、洛陽遷都。3年:宜陽にて戦わずして赤眉軍を降す。劉盆子、伝国璽を光武帝に奉ずる。5年:斉を平定。9年:隴西(隴右)の軍閥、隗囂(かいごう)が病死。10年:隗囂の子である隗純が漢に降る。隴西を平定。12年:公孫述が戦死。蜀を平定。16年:交趾郡(現ベトナム北部)にて徴姉妹が反乱。17年:皇后・郭氏を廃して陰氏を皇后とする。18年:馬援の交趾遠征。19年:交趾平定。陰氏の子、劉陽(改名して劉荘、後の明帝)を皇太子とする。23年:匈奴が南北に分裂。26年:南匈奴の日逐王比(じっちくおうひ)が漢に帰順。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 215889 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2717 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47148051 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 建武(けんぶ)は、後漢の光武帝劉秀の治世に行われた最初の元号。25年 - 56年。建武32年(56年)は4月に改元され、建武中元元年となった。この元号は、漢王朝を再興した際に初めて制定されたものであることから、後に日本で天皇親政を再興した後醍醐天皇が採用する(建武(けんむ):南朝は1334年1月29日 - 1336年2月19日、北朝は1334年1月29日 - 1338年8月28日)。元年:6月、劉秀(光武帝)は更始朝より独立して鄗(こう、現河北省高邑県)において即位、建武と改元。10月、洛陽遷都。3年:宜陽にて戦わずして赤眉軍を降す。劉盆子、伝国璽を光武帝に奉ずる。5年:斉を平定。9年:隴西(隴右)の軍閥、隗囂(かいごう)が病死。10年:隗囂の子である隗純が漢に降る。隴西を平定。12年:公孫述が戦死。蜀を平定。16年:交趾郡(現ベトナム北部)にて徴姉妹が反乱。17年:皇后・郭氏を廃して陰氏を皇后とする。18年:馬援の交趾遠征。19年:交趾平定。陰氏の子、劉陽(改名して劉荘、後の明帝)を皇太子とする。23年:匈奴が南北に分裂。26年:南匈奴の日逐王比(じっちくおうひ)が漢に帰順。
rdfs:label
  • 建武 (漢)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:establishedDate of
is prop-ja:年号 of
is foaf:primaryTopic of