Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 座法(ざほう、坐法とも)とは、ヒトが椅子等の家具なしに床など敷物の上に座る際の足の組み方である。敷物に座る文化は各国にあるが、日本では正座、胡坐(あぐら)といわれる座り方が現代でも日常的に行われている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 373114 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2070 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58849293 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 座法(ざほう、坐法とも)とは、ヒトが椅子等の家具なしに床など敷物の上に座る際の足の組み方である。敷物に座る文化は各国にあるが、日本では正座、胡坐(あぐら)といわれる座り方が現代でも日常的に行われている。
rdfs:label
  • 座法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of