Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 府川 不莠(ふかわ ふゆう、明和7年(1770年) - 天保4年1月29日(1833年3月8日))は、江戸時代の俳人。武蔵国桶川宿本陣の9代目。甚右衛門義重。俳号を不莠。府川志風の子。松村篁雨の追善集「盆かはらけ」(文政7年刊)に「匕置て二百十日のあらしかな」と句を寄稿している。辞世の句は、「まくさ刈る野辺のわらはや道遠く我住里へ径連行ばや」(墓石に刻まれている)。墓所は桶川市の大雲寺。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1652588 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 444 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52601960 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 府川 不莠(ふかわ ふゆう、明和7年(1770年) - 天保4年1月29日(1833年3月8日))は、江戸時代の俳人。武蔵国桶川宿本陣の9代目。甚右衛門義重。俳号を不莠。府川志風の子。松村篁雨の追善集「盆かはらけ」(文政7年刊)に「匕置て二百十日のあらしかな」と句を寄稿している。辞世の句は、「まくさ刈る野辺のわらはや道遠く我住里へ径連行ばや」(墓石に刻まれている)。墓所は桶川市の大雲寺。
rdfs:label
  • 府川不莠
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of