Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 庚(こう、かのえ)は、十干の7番目である。陰陽五行説では金性の陽に割り当てられており、ここから日本では「かのえ」(金の兄)ともいう。庚の字は同音の「更」につながり、植物の生長が止まって新たな形に変化しようとする状態として、7番目に宛てられた。西暦や皇紀では、10の倍数の年が庚の年となる。中国語の化合物命名法では、ヘプタン、ヘプチル基など、炭素を7つ含む化合物や官能基に付けられる。「火剋金」と言って、金は火に伏せられるとされることから、火性の最も盛んな夏の時期の庚の日は凶であるとされる。そこで、夏の間の3回の庚の日を三伏という。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 318278 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 455 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46905854 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 庚(こう、かのえ)は、十干の7番目である。陰陽五行説では金性の陽に割り当てられており、ここから日本では「かのえ」(金の兄)ともいう。庚の字は同音の「更」につながり、植物の生長が止まって新たな形に変化しようとする状態として、7番目に宛てられた。西暦や皇紀では、10の倍数の年が庚の年となる。中国語の化合物命名法では、ヘプタン、ヘプチル基など、炭素を7つ含む化合物や官能基に付けられる。「火剋金」と言って、金は火に伏せられるとされることから、火性の最も盛んな夏の時期の庚の日は凶であるとされる。そこで、夏の間の3回の庚の日を三伏という。
rdfs:label
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of