Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 庄 家長(しょう いえなが、生没年未詳)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武蔵国児玉党(現在の埼玉県本庄市栗崎出身)の武将。通称を太郎。栗崎館2代館主。後に備中国(現在の岡山県)の武将となり、猿掛城初代城主となる。庄太郎家長は、武蔵国児玉郡栗崎村(現在の大字栗崎)の地に館を築いたと考えられる武将庄太夫家弘の子とされ、彼の活躍は、『吾妻鏡』や『源平盛衰記』に記されている(庄弘高とは年代的から見て兄弟であると考えられ、研究者の間では、弘高が家弘の次男であると考えられている)。児玉党の本宗家4代目である家弘の嫡子に生まれ、児玉党本宗家5代目を継いだ武将である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1612599 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4503 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 98 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46534644 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 庄 家長(しょう いえなが、生没年未詳)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武蔵国児玉党(現在の埼玉県本庄市栗崎出身)の武将。通称を太郎。栗崎館2代館主。後に備中国(現在の岡山県)の武将となり、猿掛城初代城主となる。庄太郎家長は、武蔵国児玉郡栗崎村(現在の大字栗崎)の地に館を築いたと考えられる武将庄太夫家弘の子とされ、彼の活躍は、『吾妻鏡』や『源平盛衰記』に記されている(庄弘高とは年代的から見て兄弟であると考えられ、研究者の間では、弘高が家弘の次男であると考えられている)。児玉党の本宗家4代目である家弘の嫡子に生まれ、児玉党本宗家5代目を継いだ武将である。
rdfs:label
  • 庄家長
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:builders of
is foaf:primaryTopic of