Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 広橋 頼資(ひろはし よりすけ)は、鎌倉時代前期の公卿。権中納言藤原兼光の五男。民部卿藤原光範の後を継いだとされる。広橋家の祖。四辻・勘解由小路とも称する。儒学に明るく、近衛家に近い立場を取った。元仁元年12月17日(1225年1月27日)に参議に任ぜられ、翌年に権中納言に昇る。嘉禎元年11月7日(1235年12月18日)に出家して翌年に薨去した。熊野信仰に厚く、承元4年(1210年)・建保4年(1216年)・寛喜元年(1229年)の参詣などは日記『頼資卿記』に詳細に残されているほか、公私合わせて20回以上の熊野参詣が知られている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1661131 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 63 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54859450 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 賴資(正字)
prop-ja:
  • 正室:源兼資の娘
prop-ja:
  • 経光、頼円、世尊寺経朝、頼誉
prop-ja:官位
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • 嘉禎2年2月30日(1236年4月7日)
prop-ja:氏名
  • 広橋頼資
prop-ja:氏族
  • 藤原北家日野流広橋家
prop-ja:父母
  • 母:法印院慶もしくは院尚の娘
  • 父:藤原兼光
prop-ja:生誕
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 広橋 頼資(ひろはし よりすけ)は、鎌倉時代前期の公卿。権中納言藤原兼光の五男。民部卿藤原光範の後を継いだとされる。広橋家の祖。四辻・勘解由小路とも称する。儒学に明るく、近衛家に近い立場を取った。元仁元年12月17日(1225年1月27日)に参議に任ぜられ、翌年に権中納言に昇る。嘉禎元年11月7日(1235年12月18日)に出家して翌年に薨去した。熊野信仰に厚く、承元4年(1210年)・建保4年(1216年)・寛喜元年(1229年)の参詣などは日記『頼資卿記』に詳細に残されているほか、公私合わせて20回以上の熊野参詣が知られている。
rdfs:label
  • 広橋頼資
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:家祖 of
is foaf:primaryTopic of