Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 広告絵(こうこくえ)とは、江戸時代から明治時代にかけて描かれた浮世絵の様式のひとつ。商品などを広く世間一般に知らせるために描かれた浮世絵を指す。古くは羽川和元、鳥居清倍、奥村利信などが描いており、その後明治時代に小林清親が描いた岸田吟香の目薬「精錡水」の広告あたりまで、各時代を通してみられる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2225543 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 372 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48594204 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 広告絵(こうこくえ)とは、江戸時代から明治時代にかけて描かれた浮世絵の様式のひとつ。商品などを広く世間一般に知らせるために描かれた浮世絵を指す。古くは羽川和元、鳥居清倍、奥村利信などが描いており、その後明治時代に小林清親が描いた岸田吟香の目薬「精錡水」の広告あたりまで、各時代を通してみられる。
rdfs:label
  • 広告絵
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of