Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『幼子イエスに注ぐ20の眼差し』(おさなごいえすにそそぐ20のまなざし、仏: Vingt Regards sur l’Enfant-Jésus )は、フランスの作曲家オリヴィエ・メシアンが1944年に作曲した独奏ピアノのための組曲。演奏時間2時間を超える大曲であり、前年に作曲された2台のピアノのための『アーメンの幻影』と同じく、カトリック神秘主義的題材に基づいている。この曲を献呈されたピアニスト、イヴォンヌ・ロリオによって1945年3月26日にパリのサル・ガヴォ(Salle Gaveau)において初演された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2233057 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1216 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47476110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『幼子イエスに注ぐ20の眼差し』(おさなごいえすにそそぐ20のまなざし、仏: Vingt Regards sur l’Enfant-Jésus )は、フランスの作曲家オリヴィエ・メシアンが1944年に作曲した独奏ピアノのための組曲。演奏時間2時間を超える大曲であり、前年に作曲された2台のピアノのための『アーメンの幻影』と同じく、カトリック神秘主義的題材に基づいている。この曲を献呈されたピアニスト、イヴォンヌ・ロリオによって1945年3月26日にパリのサル・ガヴォ(Salle Gaveau)において初演された。
rdfs:label
  • 幼子イエスに注ぐ20の眼差し
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of