Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『幻想飛行』は、1976年に発表されたボストンのファースト・アルバム 『Boston』 に付された邦題である。分厚いギター・サウンドによるハードな音作り、それでいてポップで聴きやすいメロディ、そして爽やかなコーラス・ワーク等、デビュー作とは思えない完成度を誇る。その音楽性はカンサスやジャーニー等と並んでアメリカン・プログレ・ハードと称される。また、ボストンの曲がきっかけでクラシック・ロックという言葉も生まれた。当時使用していた機材は、殆どが自作か改造されたアンプ若しくはエフェクターで、特にマエストロ社のエコープレックス EP-2を改造して作られたエフェクターは有名。ライブやレコーディングでギターを二重に聴かせる「ダブラー」やテープエコー、独特のディレイによる効果音を作り出す「Hyper Space Pedal」は全てエコープレックスの改造によるものである。またマーシャルのアンプを改造してゲインと高域を強調させ、MXR社の6バンドイコライザで中域を強調させたりもしている。その他自作のアッテネーター(当時Power Soakは無い)やコンプレッサー、Bossのフェイザーなどの一部製品やワウペダルなども使用していた。ギターはGibsonのレス・ポールゴールドトップのピックアップを取替え、フロントにソープバータイプのP-90、リアにディマジオのDP-100 Super Distortionなどを使用していた。他にもフロント・リア共にDP-100であったり、「マイティーマウス」の絵柄が描かれているレスポール(フロントにP-90、リアにDP-100)を使用。アコースティックギターは、後のアルバムも含めGuild製のものを使用している。オルガンも後の作品含め、ハモンドオルガンを使用。バンドにとっての代表曲「宇宙の彼方へ」や「ロング・タイム」などが収録されている。ちなみに、ボストンの楽曲はほとんどトム・ショルツが一人で書いている。しかし、あまりにも商業的に成功したため、レコード会社やメンバーとの間で様々なトラブルが生じてしまった。そのため、次作『ドント・ルック・バック』(1978年)以降、アルバム発表のインターバルが非常に長くなっていく。
dbpedia-owl:artist
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:recordLabel
dbpedia-owl:review
  • http://www.allmusic.com/album/r2448
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:title
  • 幻想飛行
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 455830 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2365 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53170581 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:genre
prop-ja:label
prop-ja:length
  • 2228.0
prop-ja:name
  • 幻想飛行
prop-ja:nextAlbum
  • ドント・ルック・バック
prop-ja:producer
  • トム・ショルツ
prop-ja:released
  • --01-01
prop-ja:reviews
  • * All Music Guide File:4hvof5.svg link
prop-ja:thisAlbum
  • 幻想飛行
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『幻想飛行』は、1976年に発表されたボストンのファースト・アルバム 『Boston』 に付された邦題である。分厚いギター・サウンドによるハードな音作り、それでいてポップで聴きやすいメロディ、そして爽やかなコーラス・ワーク等、デビュー作とは思えない完成度を誇る。その音楽性はカンサスやジャーニー等と並んでアメリカン・プログレ・ハードと称される。また、ボストンの曲がきっかけでクラシック・ロックという言葉も生まれた。当時使用していた機材は、殆どが自作か改造されたアンプ若しくはエフェクターで、特にマエストロ社のエコープレックス EP-2を改造して作られたエフェクターは有名。ライブやレコーディングでギターを二重に聴かせる「ダブラー」やテープエコー、独特のディレイによる効果音を作り出す「Hyper Space Pedal」は全てエコープレックスの改造によるものである。またマーシャルのアンプを改造してゲインと高域を強調させ、MXR社の6バンドイコライザで中域を強調させたりもしている。その他自作のアッテネーター(当時Power Soakは無い)やコンプレッサー、Bossのフェイザーなどの一部製品やワウペダルなども使用していた。ギターはGibsonのレス・ポールゴールドトップのピックアップを取替え、フロントにソープバータイプのP-90、リアにディマジオのDP-100 Super Distortionなどを使用していた。他にもフロント・リア共にDP-100であったり、「マイティーマウス」の絵柄が描かれているレスポール(フロントにP-90、リアにDP-100)を使用。アコースティックギターは、後のアルバムも含めGuild製のものを使用している。オルガンも後の作品含め、ハモンドオルガンを使用。バンドにとっての代表曲「宇宙の彼方へ」や「ロング・タイム」などが収録されている。ちなみに、ボストンの楽曲はほとんどトム・ショルツが一人で書いている。しかし、あまりにも商業的に成功したため、レコード会社やメンバーとの間で様々なトラブルが生じてしまった。そのため、次作『ドント・ルック・バック』(1978年)以降、アルバム発表のインターバルが非常に長くなっていく。
rdfs:label
  • 幻想飛行
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:previousWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of