Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 年増女(としま おんな)は、娘の年頃を過ぎた女性。女性の年齢によって、年増(としま)、中年増(ちゅうどしま)、大年増(おおどしま)などと区分することもあった。また年増のうちでも美しい時期を年増盛(としまざかり)とも呼んだ。江戸時代には、数え20で年増、25で中年増、30で大年増と呼んだ。戦後から昭和の頃までは、30歳以上の女性を年増と呼ぶことも多かったが、現代では余程の事情でもない限り30代の女性を「年増」と呼ぶことはなくなった。武家の女性の結婚適齢期は十代後半から遅くて25歳、一般の女性は16歳から17歳が適齢期であり、19歳の女性はすでにトウが立っており、20代後半に差し掛かると中年増と呼ばれる。30歳を超えた女性は大年増であり、ふさわしい結婚相手は再婚男性に限られる。徳川家康は年増女を好んだといわれているが、関ヶ原の戦いには15歳-16歳の女性を伴った。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2040251 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1451 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58491697 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 年増女(としま おんな)は、娘の年頃を過ぎた女性。女性の年齢によって、年増(としま)、中年増(ちゅうどしま)、大年増(おおどしま)などと区分することもあった。また年増のうちでも美しい時期を年増盛(としまざかり)とも呼んだ。江戸時代には、数え20で年増、25で中年増、30で大年増と呼んだ。戦後から昭和の頃までは、30歳以上の女性を年増と呼ぶことも多かったが、現代では余程の事情でもない限り30代の女性を「年増」と呼ぶことはなくなった。武家の女性の結婚適齢期は十代後半から遅くて25歳、一般の女性は16歳から17歳が適齢期であり、19歳の女性はすでにトウが立っており、20代後半に差し掛かると中年増と呼ばれる。30歳を超えた女性は大年増であり、ふさわしい結婚相手は再婚男性に限られる。徳川家康は年増女を好んだといわれているが、関ヶ原の戦いには15歳-16歳の女性を伴った。
rdfs:label
  • 年増女
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of