平野 (へいや) または平地 (へいち) とは、山地に対して、低く平らな広い地形のことをさす地理用語である。平野は一般に標高が大きく変化しない。平野は谷底に沿った地域や山の周辺の段状の地域にみられる。海岸平野としてみられる場合もある。山の中の平らな所は平野とは呼ばず、盆地、あるいは高原という。 平原を含めた平野は地球上の主要な地形の一つである。全ての国に存在し、世界の陸域の 1/3 以上を占める。溶岩流や、河川、湖沼、氷河、風による堆積、丘陵や山地からの侵食によって形成される。一般に、(温帯や亜熱帯の) 草原、(半乾燥地域の) ステップ、(熱帯の) サヴァナ、(極域の) ツンドラなどの生物群系 (バイオーム) に覆われる。砂漠や熱帯雨林が平野に生成される場合もあるのだ。 多くの地域で、平野は農業にとって重要である。なぜなら、平野では堆積物として土壌が深く発達し肥沃だからである。また、平坦なので、農業生産における機械化を容易である。さらに、牧畜に必要な良質の牧草が草原を通して供給されることも理由の一つである。

Property Value
dbo:abstract
  • 平野 (へいや) または平地 (へいち) とは、山地に対して、低く平らな広い地形のことをさす地理用語である。平野は一般に標高が大きく変化しない。平野は谷底に沿った地域や山の周辺の段状の地域にみられる。海岸平野としてみられる場合もある。山の中の平らな所は平野とは呼ばず、盆地、あるいは高原という。 平原を含めた平野は地球上の主要な地形の一つである。全ての国に存在し、世界の陸域の 1/3 以上を占める。溶岩流や、河川、湖沼、氷河、風による堆積、丘陵や山地からの侵食によって形成される。一般に、(温帯や亜熱帯の) 草原、(半乾燥地域の) ステップ、(熱帯の) サヴァナ、(極域の) ツンドラなどの生物群系 (バイオーム) に覆われる。砂漠や熱帯雨林が平野に生成される場合もあるのだ。 多くの地域で、平野は農業にとって重要である。なぜなら、平野では堆積物として土壌が深く発達し肥沃だからである。また、平坦なので、農業生産における機械化を容易である。さらに、牧畜に必要な良質の牧草が草原を通して供給されることも理由の一つである。 (ja)
  • 平野 (へいや) または平地 (へいち) とは、山地に対して、低く平らな広い地形のことをさす地理用語である。平野は一般に標高が大きく変化しない。平野は谷底に沿った地域や山の周辺の段状の地域にみられる。海岸平野としてみられる場合もある。山の中の平らな所は平野とは呼ばず、盆地、あるいは高原という。 平原を含めた平野は地球上の主要な地形の一つである。全ての国に存在し、世界の陸域の 1/3 以上を占める。溶岩流や、河川、湖沼、氷河、風による堆積、丘陵や山地からの侵食によって形成される。一般に、(温帯や亜熱帯の) 草原、(半乾燥地域の) ステップ、(熱帯の) サヴァナ、(極域の) ツンドラなどの生物群系 (バイオーム) に覆われる。砂漠や熱帯雨林が平野に生成される場合もあるのだ。 多くの地域で、平野は農業にとって重要である。なぜなら、平野では堆積物として土壌が深く発達し肥沃だからである。また、平坦なので、農業生産における機械化を容易である。さらに、牧畜に必要な良質の牧草が草原を通して供給されることも理由の一つである。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2789 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7201 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81089264 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 平野 (へいや) または平地 (へいち) とは、山地に対して、低く平らな広い地形のことをさす地理用語である。平野は一般に標高が大きく変化しない。平野は谷底に沿った地域や山の周辺の段状の地域にみられる。海岸平野としてみられる場合もある。山の中の平らな所は平野とは呼ばず、盆地、あるいは高原という。 平原を含めた平野は地球上の主要な地形の一つである。全ての国に存在し、世界の陸域の 1/3 以上を占める。溶岩流や、河川、湖沼、氷河、風による堆積、丘陵や山地からの侵食によって形成される。一般に、(温帯や亜熱帯の) 草原、(半乾燥地域の) ステップ、(熱帯の) サヴァナ、(極域の) ツンドラなどの生物群系 (バイオーム) に覆われる。砂漠や熱帯雨林が平野に生成される場合もあるのだ。 多くの地域で、平野は農業にとって重要である。なぜなら、平野では堆積物として土壌が深く発達し肥沃だからである。また、平坦なので、農業生産における機械化を容易である。さらに、牧畜に必要な良質の牧草が草原を通して供給されることも理由の一つである。 (ja)
  • 平野 (へいや) または平地 (へいち) とは、山地に対して、低く平らな広い地形のことをさす地理用語である。平野は一般に標高が大きく変化しない。平野は谷底に沿った地域や山の周辺の段状の地域にみられる。海岸平野としてみられる場合もある。山の中の平らな所は平野とは呼ばず、盆地、あるいは高原という。 平原を含めた平野は地球上の主要な地形の一つである。全ての国に存在し、世界の陸域の 1/3 以上を占める。溶岩流や、河川、湖沼、氷河、風による堆積、丘陵や山地からの侵食によって形成される。一般に、(温帯や亜熱帯の) 草原、(半乾燥地域の) ステップ、(熱帯の) サヴァナ、(極域の) ツンドラなどの生物群系 (バイオーム) に覆われる。砂漠や熱帯雨林が平野に生成される場合もあるのだ。 多くの地域で、平野は農業にとって重要である。なぜなら、平野では堆積物として土壌が深く発達し肥沃だからである。また、平坦なので、農業生産における機械化を容易である。さらに、牧畜に必要な良質の牧草が草原を通して供給されることも理由の一つである。 (ja)
rdfs:label
  • 平野 (ja)
  • 平野 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:knownFor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:type of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of