Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 平林 英子(ひらばやし えいこ、1902年11月23日 - 2001年12月17日)は、日本の小説家。中谷孝雄の妻で、本名中谷英子。長野県南安曇郡梓村(現松本市)出身。武者小路実篤に師事し、新しき村に入る。1924年中谷孝雄と結婚。1932年日本プロレタリア作家同盟に加わる。1934年の作家同盟解散後は『日本浪曼派』に所属。1940年創作集「南枝北枝」を出版。1974年「夜明けの風」で芸術選奨新人賞受賞。2001年、老衰のため99歳で死去。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2260507 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 696 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52114666 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 平林 英子(ひらばやし えいこ、1902年11月23日 - 2001年12月17日)は、日本の小説家。中谷孝雄の妻で、本名中谷英子。長野県南安曇郡梓村(現松本市)出身。武者小路実篤に師事し、新しき村に入る。1924年中谷孝雄と結婚。1932年日本プロレタリア作家同盟に加わる。1934年の作家同盟解散後は『日本浪曼派』に所属。1940年創作集「南枝北枝」を出版。1974年「夜明けの風」で芸術選奨新人賞受賞。2001年、老衰のため99歳で死去。
rdfs:label
  • 平林英子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of