Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 平 時範(たいら の ときのり、天喜2年(1054年) - 天仁2年(1109年))は、平安時代後期の官人。正四位下、内蔵頭、右大弁、検非違使、因幡守。桓武平氏高棟王流の出身で、父は平定家。母は藤原家任の娘。子に平実親がいる。藤原師通の家司を務める。仏画をよくしたといい、また文筆にも優れていた。三事兼帯経験がある実務家であった。康和元年(1099年)に因幡守として任地へ赴いたときの記録が日記『時範記』に残っており、当時の受領の行動や、因幡の状況を知ることができる貴重な史料となっている。天仁元年(1108年)出家して法名を定慧(または貞慧)と称し、翌年卒去した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 558646 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 698 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57772402 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 平 時範(たいら の ときのり、天喜2年(1054年) - 天仁2年(1109年))は、平安時代後期の官人。正四位下、内蔵頭、右大弁、検非違使、因幡守。桓武平氏高棟王流の出身で、父は平定家。母は藤原家任の娘。子に平実親がいる。藤原師通の家司を務める。仏画をよくしたといい、また文筆にも優れていた。三事兼帯経験がある実務家であった。康和元年(1099年)に因幡守として任地へ赴いたときの記録が日記『時範記』に残っており、当時の受領の行動や、因幡の状況を知ることができる貴重な史料となっている。天仁元年(1108年)出家して法名を定慧(または貞慧)と称し、翌年卒去した。
rdfs:label
  • 平時範
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of