Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 平 教経(たいら の のりつね)は、平安時代末期の平家一門の武将。平教盛の次男。平清盛とは伯父と甥の関係である。『平家物語』では、数々の合戦において武勲を上げ、「たびたびの合戦で一度の不覚も取ったことはない」「王城一の強弓精兵」と言われる平家随一の猛将であり、源義経のライバル的存在として描かれている。都落ち後、退勢にある平家の中でひとり気を吐き、水島の戦い、六ヶ度合戦、屋島の戦いで奮戦して源氏を苦しめた。最後は壇ノ浦の戦いの敗戦の中さんざんに戦い、源義経に組みかかろうとするが、八艘飛びで逃げられ、大男2人を締め抱えて海に飛び込んで死んだ。ただし、鎌倉幕府編纂書の『吾妻鏡』では教経はさほど目立たない武将で、一ノ谷の戦いで甲斐源氏の一族である安田義定の軍に討ち取られ、京都で獄門になっている。一方で、『玉葉』、『醍醐雑事記』などの別の史料では一ノ谷生存説もあり、猛将であったことを含め教経の実像については不明な点が多い。後述の通り、平家の落人として徳島県祖谷地方を開拓したのは教経であるという説さえも存在する。また四国・九州に伝わる河童の妖怪海御前は教経の妻(もしくは母親)の化身だと言われている。
dbpedia-owl:alias
  • 国盛、教経
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:sibling
dbpedia-owl:spouse
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 127456 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5338 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 136 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56428942 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
prop-ja:墓所
prop-ja:
  • 海御前?
prop-ja:
  • 不詳
prop-ja:官位
  • 正五位下、能登守、民部大輔
prop-ja:改名
  • 国盛、教経
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --02-07
  • --03-24
prop-ja:氏名
  • 平教経
prop-ja:氏族
  • 桓武平氏維衡流(伊勢平氏)
prop-ja:父母
prop-ja:生誕
prop-ja:画像
  • Taira no Noritsune.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 230 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 平教経像/赤間神宮
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 平 教経(たいら の のりつね)は、平安時代末期の平家一門の武将。平教盛の次男。平清盛とは伯父と甥の関係である。『平家物語』では、数々の合戦において武勲を上げ、「たびたびの合戦で一度の不覚も取ったことはない」「王城一の強弓精兵」と言われる平家随一の猛将であり、源義経のライバル的存在として描かれている。都落ち後、退勢にある平家の中でひとり気を吐き、水島の戦い、六ヶ度合戦、屋島の戦いで奮戦して源氏を苦しめた。最後は壇ノ浦の戦いの敗戦の中さんざんに戦い、源義経に組みかかろうとするが、八艘飛びで逃げられ、大男2人を締め抱えて海に飛び込んで死んだ。ただし、鎌倉幕府編纂書の『吾妻鏡』では教経はさほど目立たない武将で、一ノ谷の戦いで甲斐源氏の一族である安田義定の軍に討ち取られ、京都で獄門になっている。一方で、『玉葉』、『醍醐雑事記』などの別の史料では一ノ谷生存説もあり、猛将であったことを含め教経の実像については不明な点が多い。後述の通り、平家の落人として徳島県祖谷地方を開拓したのは教経であるという説さえも存在する。また四国・九州に伝わる河童の妖怪海御前は教経の妻(もしくは母親)の化身だと言われている。
rdfs:label
  • 平教経
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 平教経
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of