Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 平成20年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会(へいせい20ねんどてんのうはい・こうごうはいぜんにほん―せんしゅけんたいかい)は、2008年度に開催された天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会。2008年4月12日の高知県を皮切りに8月17日まで行われた各都道府県予選及び9月6日から10月19日のブロック予選により勝ち進んだ男子16チーム女子14チームと、V・プレミアリーグのうち女子2チームによるセミファイナルラウンドを11月15日から12月19日に各地で実施。V・プレミアリーグ男子8チームと女子の残り8チームの参加する試合をファイナルラウンドとして2008年12月20日から23日(天皇誕生日)の4日間に川崎市とどろきアリーナで行った。第2回となるこの大会で女子は、ともにこのシーズンのV・プレミアリーグで下位に低迷するパイオニアレッドウィングスとトヨタ車体クインシーズが対戦し、全日本女子の選手を擁するパイオニアをトヨタ車体が3セットストレートで降して優勝。男子はパナソニックパンサーズと東レ・アローズのリーグ戦上位同士の対戦でアローズが3セットストレートで優勝し、前身の天皇杯・皇后杯黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会から数えて3大会ぶりの賜杯となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1659235 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11645 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 164 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52786563 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サイト
prop-ja:スコア
  • 0 (xsd:integer)
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:チーム
  • JTサンダーズ
  • 福島大学
  • 立命館大学
  • 筑波大学
  • 中京大学
  • 久光製薬スプリングス
  • 九州産業大学
  • 日本体育大学
  • 東海大学
  • 福岡大学
  • 福岡教育大学
  • 近畿大学
  • 順天堂大学
  • NECレッドロケッツ
  • 東亜大学
  • 嘉悦大学
  • 香川
  • サントリーサンバーズ
  • 堺ブレイザーズ
  • 東レ・アローズ
  • 武富士バンブー
  • パイオニアレッドウィングス
  • 豊田合成トレフェルサ
  • 岡山シーガルズ
  • 九州文化学園高等学校
  • JTマーヴェラス
  • NECブルーロケッツ
  • 千里金蘭大学
  • 大分三好ヴァイセアドラー
  • トヨタ車体クインシーズ
  • KUROBEアクアフェアリーズ
  • ジェイテクトSTINGS
  • 中京女子大学
  • 大野石油広島オイラーズ
  • 日立佐和リヴァーレ
  • パナソニックパンサーズ
  • 健祥会レッドハーツ
  • 新潟教員
  • 札幌大谷高等学校
  • 三洋電機レッドソア
  • 上尾メディックス
  • 近畿クラブスフィーダ
  • nakaichi2001
  • デンソーエアリービーズ
  • 星城高等学校
prop-ja:主催
prop-ja:前回優勝
  • 女子:東レ・アローズ
  • 男子:JTサンダーズ
prop-ja:参加チーム数
  • ※セミファイナルラウンド以降
  • 女子:24
  • 男子:24
prop-ja:画像
  • Todoroki_Arena.JPG
prop-ja:競技場
  • 川崎市とどろきアリーナ
  • 九州文化学園高等学校体育館
  • 川崎市とどろきアリーナAコート
  • 川崎市とどろきアリーナBコート
  • 川崎市とどろきアリーナCコート
  • 川崎市とどろきアリーナDコート
  • 東亜大学8号館アリーナ
  • 川崎市とどろきアリーナ・サブアリーナ
  • ジェイテクトSTINGS体育館
  • 嘉悦大学記念体育館
  • 新潟県立長岡工業高等学校体育館
  • 星城高等学校明徳館
  • 札幌大谷高等学校第一体育館
  • 東海大学札幌校舎体育館
  • 福岡大学第二記念会堂
  • 福岡大学第二記念堂
  • 福島大学体育館
  • 筑波大学球技体育館
  • 近畿大学記念会館
  • 香川県立高松工芸高等学校体育館
prop-ja:観客数
  • 700 (xsd:integer)
  • 900 (xsd:integer)
  • 1000 (xsd:integer)
  • 2000 (xsd:integer)
prop-ja:開催日
  • --11-15
  • --11-16
  • --11-22
  • --11-23
  • --11-24
  • --12-19
  • --12-20
  • --12-21
  • --12-22
  • --12-23
prop-ja:開始年
  • 2007 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 平成20年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会(へいせい20ねんどてんのうはい・こうごうはいぜんにほん―せんしゅけんたいかい)は、2008年度に開催された天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会。2008年4月12日の高知県を皮切りに8月17日まで行われた各都道府県予選及び9月6日から10月19日のブロック予選により勝ち進んだ男子16チーム女子14チームと、V・プレミアリーグのうち女子2チームによるセミファイナルラウンドを11月15日から12月19日に各地で実施。V・プレミアリーグ男子8チームと女子の残り8チームの参加する試合をファイナルラウンドとして2008年12月20日から23日(天皇誕生日)の4日間に川崎市とどろきアリーナで行った。第2回となるこの大会で女子は、ともにこのシーズンのV・プレミアリーグで下位に低迷するパイオニアレッドウィングスとトヨタ車体クインシーズが対戦し、全日本女子の選手を擁するパイオニアをトヨタ車体が3セットストレートで降して優勝。男子はパナソニックパンサーズと東レ・アローズのリーグ戦上位同士の対戦でアローズが3セットストレートで優勝し、前身の天皇杯・皇后杯黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会から数えて3大会ぶりの賜杯となった。
rdfs:label
  • 平成20年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of