平 将門(たいら の まさかど、-將門)は、平安時代中期の関東の豪族。 平氏の姓を授けられた高望王の三男平良将の子。第50代桓武天皇の5世子孫。 下総国、常陸国に広がった平氏一族の抗争から、やがては関東諸国を巻き込む争いへと進み、その際に国府を襲撃して印鑰を奪い、京都の朝廷 朱雀天皇に対抗して「新皇」を自称し、東国の独立を標榜したことによって、遂には朝敵となる。 しかし即位後わずか2か月たらずで藤原秀郷、平貞盛らにより討伐された(承平天慶の乱)。 死後は御首神社、築土神社、神田明神、国王神社などに祀られる。合戦においては所領から産出される豊富な馬を利用して騎馬隊を駆使した。

Property Value
dbo:abstract
  • 平 将門(たいら の まさかど、-將門)は、平安時代中期の関東の豪族。 平氏の姓を授けられた高望王の三男平良将の子。第50代桓武天皇の5世子孫。 下総国、常陸国に広がった平氏一族の抗争から、やがては関東諸国を巻き込む争いへと進み、その際に国府を襲撃して印鑰を奪い、京都の朝廷 朱雀天皇に対抗して「新皇」を自称し、東国の独立を標榜したことによって、遂には朝敵となる。 しかし即位後わずか2か月たらずで藤原秀郷、平貞盛らにより討伐された(承平天慶の乱)。 死後は御首神社、築土神社、神田明神、国王神社などに祀られる。合戦においては所領から産出される豊富な馬を利用して騎馬隊を駆使した。 (ja)
  • 平 将門(たいら の まさかど、-將門)は、平安時代中期の関東の豪族。 平氏の姓を授けられた高望王の三男平良将の子。第50代桓武天皇の5世子孫。 下総国、常陸国に広がった平氏一族の抗争から、やがては関東諸国を巻き込む争いへと進み、その際に国府を襲撃して印鑰を奪い、京都の朝廷 朱雀天皇に対抗して「新皇」を自称し、東国の独立を標榜したことによって、遂には朝敵となる。 しかし即位後わずか2か月たらずで藤原秀郷、平貞盛らにより討伐された(承平天慶の乱)。 死後は御首神社、築土神社、神田明神、国王神社などに祀られる。合戦においては所領から産出される豊富な馬を利用して騎馬隊を駆使した。 (ja)
dbo:alias
  • 坂東の虎 (ja)
  • 坂東の虎 (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:spouse
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1549431 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 30114 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81298962 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2017 (xsd:integer)
  • 2018-06-04 (xsd:date)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 坂東の虎 (ja)
  • 坂東の虎 (ja)
prop-ja:墓所
  • 東京都千代田区・将門塚(首塚) 茨城県坂東市・延命院(胴塚) (ja)
  • 東京都千代田区・将門塚(首塚) 茨城県坂東市・延命院(胴塚) (ja)
prop-ja:
  • 正室:平真樹の娘・君の御前:平良兼の娘 (ja)
  • 側室:藤原村雄の娘?・桔梗姫など (ja)
  • 正室:平真樹の娘・君の御前:平良兼の娘 (ja)
  • 側室:藤原村雄の娘?・桔梗姫など (ja)
prop-ja:
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --02-14
prop-ja:氏名
  • 平将門 (ja)
  • 平将門 (ja)
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:平良将、母:県犬養春枝女(あがたのいぬかいのはるえのむすめ) (ja)
  • 父:平良将、母:県犬養春枝女(あがたのいぬかいのはるえのむすめ) (ja)
prop-ja:生誕
  • 不詳 (ja)
  • 不詳 (ja)
prop-ja:画像
  • Taira no Masakado 01.jpg (ja)
  • Taira no Masakado 01.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
prop-ja:私君
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 平 将門(たいら の まさかど、-將門)は、平安時代中期の関東の豪族。 平氏の姓を授けられた高望王の三男平良将の子。第50代桓武天皇の5世子孫。 下総国、常陸国に広がった平氏一族の抗争から、やがては関東諸国を巻き込む争いへと進み、その際に国府を襲撃して印鑰を奪い、京都の朝廷 朱雀天皇に対抗して「新皇」を自称し、東国の独立を標榜したことによって、遂には朝敵となる。 しかし即位後わずか2か月たらずで藤原秀郷、平貞盛らにより討伐された(承平天慶の乱)。 死後は御首神社、築土神社、神田明神、国王神社などに祀られる。合戦においては所領から産出される豊富な馬を利用して騎馬隊を駆使した。 (ja)
  • 平 将門(たいら の まさかど、-將門)は、平安時代中期の関東の豪族。 平氏の姓を授けられた高望王の三男平良将の子。第50代桓武天皇の5世子孫。 下総国、常陸国に広がった平氏一族の抗争から、やがては関東諸国を巻き込む争いへと進み、その際に国府を襲撃して印鑰を奪い、京都の朝廷 朱雀天皇に対抗して「新皇」を自称し、東国の独立を標榜したことによって、遂には朝敵となる。 しかし即位後わずか2か月たらずで藤原秀郷、平貞盛らにより討伐された(承平天慶の乱)。 死後は御首神社、築土神社、神田明神、国王神社などに祀られる。合戦においては所領から産出される豊富な馬を利用して騎馬隊を駆使した。 (ja)
rdfs:label
  • 平将門 (ja)
  • 平将門 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 平将門 (ja)
  • 平将門 (ja)
is dbo:enshrinedDeity of
is dbo:notableWork of
is dbo:parent of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主な祭神 of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja:備考 of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is prop-ja:祭神 of
is foaf:primaryTopic of