Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 平 信範(たいら の のぶのり、天永3年(1112年) - 文治3年2月12日(1187年3月23日))は、平安時代末期の公卿。桓武平氏高棟王流、兵部大輔・平知信の三男。母は主殿頭・藤原惟信の娘。兄弟に時信・知範。正室は少納言藤原能忠の娘。子に信基・信国・信季らがある。正三位、兵部卿。字は平能。日記『兵範記』の作者として著名である。また、国宝平家納経の筆者のうちの一人ともくされる
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1372128 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4226 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 214 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51096930 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 平 信範(たいら の のぶのり、天永3年(1112年) - 文治3年2月12日(1187年3月23日))は、平安時代末期の公卿。桓武平氏高棟王流、兵部大輔・平知信の三男。母は主殿頭・藤原惟信の娘。兄弟に時信・知範。正室は少納言藤原能忠の娘。子に信基・信国・信季らがある。正三位、兵部卿。字は平能。日記『兵範記』の作者として著名である。また、国宝平家納経の筆者のうちの一人ともくされる
rdfs:label
  • 平信範
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of