Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 平 伊望(たいら の これもち、元慶5年(881年) - 天慶2年11月16日(939年12月29日)は、平安時代前期の貴族。平高棟(高棟王)の子である惟範の次男で、桓武天皇の玄孫にあたる。母は、兄時望と同じ常陸太守四品兼守弾正尹人康親王の娘。子に、統理、善理、実望がいる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1463363 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2592 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 90 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51177660 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
prop-ja:
prop-ja:官位
  • 従三位大納言
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --11-16
prop-ja:氏名
  • 平伊望
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
prop-ja:生誕
  • 元慶5年(881年)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 平 伊望(たいら の これもち、元慶5年(881年) - 天慶2年11月16日(939年12月29日)は、平安時代前期の貴族。平高棟(高棟王)の子である惟範の次男で、桓武天皇の玄孫にあたる。母は、兄時望と同じ常陸太守四品兼守弾正尹人康親王の娘。子に、統理、善理、実望がいる。
rdfs:label
  • 平伊望
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of