Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 干渉法(かんしょうほう)は複数の波を干渉させるとき、波長の整数倍に近づくと強めあい、その中間に近づくにつれ弱めあうことを利用して、波長(周波数)や位相差を測定する技術のこと。この原理を利用した機器を主に干渉計とよぶ。ガンマ線から可視光線、電波・音波領域に及ぶ電磁波工学の研究・製品の製造管理(および較正)・動作原理においては基礎的技術であり、この原理を利用する機器・分野は極めて多岐に渡る。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1664243 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3192 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58761945 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 干渉法(かんしょうほう)は複数の波を干渉させるとき、波長の整数倍に近づくと強めあい、その中間に近づくにつれ弱めあうことを利用して、波長(周波数)や位相差を測定する技術のこと。この原理を利用した機器を主に干渉計とよぶ。ガンマ線から可視光線、電波・音波領域に及ぶ電磁波工学の研究・製品の製造管理(および較正)・動作原理においては基礎的技術であり、この原理を利用する機器・分野は極めて多岐に渡る。
rdfs:label
  • 干渉法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of