Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 帝国大学令(ていこくだいがくれい、大正8年2月7日勅令第12号)は、帝国大学の基本的な事項を規定していた勅令。当初はいわゆる「学校令」の一つである帝国大学令(明治19年3月2日勅令第3号)として1886年(明治19年)3月2日に公布、同年4月1日に施行された。後に全部改正され、さらに「国立総合大学令」と改題された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 941764 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2905 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50775444 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:内容
prop-ja:効力
  • 廃止
prop-ja:番号
  • --02-07
prop-ja:種類
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 国立総合大学令
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 帝国大学令(ていこくだいがくれい、大正8年2月7日勅令第12号)は、帝国大学の基本的な事項を規定していた勅令。当初はいわゆる「学校令」の一つである帝国大学令(明治19年3月2日勅令第3号)として1886年(明治19年)3月2日に公布、同年4月1日に施行された。後に全部改正され、さらに「国立総合大学令」と改題された。
rdfs:label
  • 帝国大学令
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of