布施屋(ふせや)とは、古代律令制時代に日本各地に作られた旅行者の一時救護・宿泊施設。仏教寺院の救恤事業の一環として設置されることが多かった。 六国史に設置経緯が記された武蔵国の悲田処が有名である。

Property Value
dbo:abstract
  • 布施屋(ふせや)とは、古代律令制時代に日本各地に作られた旅行者の一時救護・宿泊施設。仏教寺院の救恤事業の一環として設置されることが多かった。 六国史に設置経緯が記された武蔵国の悲田処が有名である。 (ja)
  • 布施屋(ふせや)とは、古代律令制時代に日本各地に作られた旅行者の一時救護・宿泊施設。仏教寺院の救恤事業の一環として設置されることが多かった。 六国史に設置経緯が記された武蔵国の悲田処が有名である。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 1128707 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3223 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79121699 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 布施屋(ふせや)とは、古代律令制時代に日本各地に作られた旅行者の一時救護・宿泊施設。仏教寺院の救恤事業の一環として設置されることが多かった。 六国史に設置経緯が記された武蔵国の悲田処が有名である。 (ja)
  • 布施屋(ふせや)とは、古代律令制時代に日本各地に作られた旅行者の一時救護・宿泊施設。仏教寺院の救恤事業の一環として設置されることが多かった。 六国史に設置経緯が記された武蔵国の悲田処が有名である。 (ja)
rdfs:label
  • 布施屋 (ja)
  • 布施屋 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of