Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 市野上浅右エ門(いちのじょうあさえもん、本名:斎藤浅右衛門、明和4年(1767年) - 享和2年8月13日(1802年9月9日))は、江戸時代の大相撲力士。四股名は他に熱海嶽(あたみだけ)、鶴ヶ嶽(つるがたけ)、常山(つねやま)、花頂山(かちょうざん)。幕内では花頂山が一番長く、錦絵や史跡でもその名で呼ばれることが多い。最高位は大関だが、病のため実際に土俵をつとめたのは関脇まで。身長176cmと伝わる。雷電爲右エ門に2度勝った唯一の力士として知られる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 359544 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1140 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52461894 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 市野上浅右エ門(いちのじょうあさえもん、本名:斎藤浅右衛門、明和4年(1767年) - 享和2年8月13日(1802年9月9日))は、江戸時代の大相撲力士。四股名は他に熱海嶽(あたみだけ)、鶴ヶ嶽(つるがたけ)、常山(つねやま)、花頂山(かちょうざん)。幕内では花頂山が一番長く、錦絵や史跡でもその名で呼ばれることが多い。最高位は大関だが、病のため実際に土俵をつとめたのは関脇まで。身長176cmと伝わる。雷電爲右エ門に2度勝った唯一の力士として知られる。
rdfs:label
  • 市野上浅右エ門
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of