Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 市村 竹之丞(いちむら たけのじょう)は歌舞伎役者の名跡。屋号は二代目までは不詳、三代目から五代目までは菊屋、六代目以降は橘屋。六代目以降の定紋は根上り橘(ねあがり たちばな)、替紋は渦巻(うずまき)。三代目市村羽左衛門の初名で、二代目竹之丞のころまでは座元名として当主が用いていた。初 代 市村竹之丞上州の人、村山又三郎(贈初代市村宇左衛門)の門人、1628–86(座元 1652–64)。村山座の興行権を買い取りこれを市村座と改める。 初代市村竹之丞 → 三代目市村宇左衛門二代目 市村竹之丞初代の甥で養子、1654–1718(座元 1664−79)。延宝7年 (1679) 座元を弟に譲って出家。二代目市村竹之丞(=贈四代目市村宇左衛門)三代目 市村竹之丞五代目市村宇左衛門の女婿、1681–98(座元 1687–98)。実父は市村座の芝居茶屋・菊屋善兵衛。三代目市村竹之丞(=贈七代目市村宇左衛門)四代目 市村竹之丞三代目の弟、1699–1762(座元 1703–62)。実父は市村座の芝居茶屋・菊屋善兵衛。寛延元年 (1748) 「宇左衛門」を「羽左衛門」と改める。四代目市村竹之丞 → 八代目市村宇左衛門 → 八代目市村羽左衛門五代目 市村竹之丞十一代目市村羽左衛門の次男、1812–51(座元 1821–51)。市村豊松 → 市村亀之助 → 十二代目市村羽左衛門 → 五代目市村竹之丞 六代目 市村竹之丞十五代目市村羽左衛門の外孫、1929-2011。父は五代目中村富十郎、母は舞踊家の吾妻徳穂。四代目坂東鶴之助 → 六代目市村竹之丞 → 五代目中村富十郎 __DISAMBIG__
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1189971 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1303 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 42030726 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 市村 竹之丞(いちむら たけのじょう)は歌舞伎役者の名跡。屋号は二代目までは不詳、三代目から五代目までは菊屋、六代目以降は橘屋。六代目以降の定紋は根上り橘(ねあがり たちばな)、替紋は渦巻(うずまき)。三代目市村羽左衛門の初名で、二代目竹之丞のころまでは座元名として当主が用いていた。初 代 市村竹之丞上州の人、村山又三郎(贈初代市村宇左衛門)の門人、1628–86(座元 1652–64)。村山座の興行権を買い取りこれを市村座と改める。 初代市村竹之丞 → 三代目市村宇左衛門二代目 市村竹之丞初代の甥で養子、1654–1718(座元 1664−79)。延宝7年 (1679) 座元を弟に譲って出家。二代目市村竹之丞(=贈四代目市村宇左衛門)三代目 市村竹之丞五代目市村宇左衛門の女婿、1681–98(座元 1687–98)。実父は市村座の芝居茶屋・菊屋善兵衛。三代目市村竹之丞(=贈七代目市村宇左衛門)四代目 市村竹之丞三代目の弟、1699–1762(座元 1703–62)。実父は市村座の芝居茶屋・菊屋善兵衛。寛延元年 (1748) 「宇左衛門」を「羽左衛門」と改める。四代目市村竹之丞 → 八代目市村宇左衛門 → 八代目市村羽左衛門五代目 市村竹之丞十一代目市村羽左衛門の次男、1812–51(座元 1821–51)。市村豊松 → 市村亀之助 → 十二代目市村羽左衛門 → 五代目市村竹之丞 六代目 市村竹之丞十五代目市村羽左衛門の外孫、1929-2011。父は五代目中村富十郎、母は舞踊家の吾妻徳穂。四代目坂東鶴之助 → 六代目市村竹之丞 → 五代目中村富十郎 __DISAMBIG__
rdfs:label
  • 市村竹之丞
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of