Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 市川歌志・泰子(いちかわうたじ・やすこ)は、昭和期に活躍した夫婦漫才(歌謡漫才)。1937年に結婚しコンビを結成し市川唄治・京治(または唄治・鈴子)でスタート。その後一度コンビを解消し糸治と組む。歌志は一座を転々とし1945年には広島での原爆投下で被爆する。1952年再結成し原爆後遺症に悩まされながら入退院を繰り返し吉本興業の主要劇場で活躍。1981年5月以降、高座から退く。小柄の歌志はギターを持ち美声の民謡、歌謡曲に泰子の大柄に合間に叩くボンゴを音を響かせた。女性上位の漫才で泰子が歌志を貶す事で笑いを取った。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1586772 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 892 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 37399670 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 市川歌志・泰子(いちかわうたじ・やすこ)は、昭和期に活躍した夫婦漫才(歌謡漫才)。1937年に結婚しコンビを結成し市川唄治・京治(または唄治・鈴子)でスタート。その後一度コンビを解消し糸治と組む。歌志は一座を転々とし1945年には広島での原爆投下で被爆する。1952年再結成し原爆後遺症に悩まされながら入退院を繰り返し吉本興業の主要劇場で活躍。1981年5月以降、高座から退く。小柄の歌志はギターを持ち美声の民謡、歌謡曲に泰子の大柄に合間に叩くボンゴを音を響かせた。女性上位の漫才で泰子が歌志を貶す事で笑いを取った。
rdfs:label
  • 市川歌志・泰子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of