Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 市場原理主義(しじょうげんりしゅぎ、英: Market fundamentalism)とは、低福祉低負担、自己責任をベースとし、小さな政府を推進し、政府が市場に干渉せず放任することにより国民に最大の公平と繁栄をもたらすと信じる思想的立場。発言者の経済哲学によって批判的に軽蔑語として使われることもある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 735192 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4508 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56587335 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 市場原理主義(しじょうげんりしゅぎ、英: Market fundamentalism)とは、低福祉低負担、自己責任をベースとし、小さな政府を推進し、政府が市場に干渉せず放任することにより国民に最大の公平と繁栄をもたらすと信じる思想的立場。発言者の経済哲学によって批判的に軽蔑語として使われることもある。
rdfs:label
  • 市場原理主義
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of