Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 巻き返し(まきかえし、rollback)とは、国家の主要政策の変革を(通常、支配体制の転換によって)強制する戦略のことである。この概念は、国家の拡大阻止を意味する封じ込めや、国家との連携を意味するデタントと対照をなす。学術論文中の巻き返しに関する議論の大半は、冷戦中の共産主義国に対する米国の外交政策に関するものである。1950年に朝鮮で、また1961年にはキューバで巻き返し戦略が図られたが、失敗した。米国の政治指導部は、1953年の東ドイツにおける反乱や1956年のハンガリーにおける革命の際にも巻き返しの実施を検討したが、ソヴィエト連邦の干渉と激突の危険を避けるために、反乱勢力に不利な決定を下した。共和党のバリー・ゴールドウォーター上院議員は、1962年に上梓した本の表題にもあるように、『なぜ勝たないのか (Why Not Victory?)』と問い質した。しかし、ソ連と核戦争を起こしかねない危険人物とされた彼は、1964年の大統領選で地滑り的大敗を喫した。巻き返し戦略は、1983年のグレナダ侵攻で成功を収めた。ロナルド・レーガンは1980年代、自ら名付けたところの「悪の帝国(ソ連)」に対する巻き返し戦略を推進した。北大西洋条約機構はターリバーンの支配を終わらせるために、2001年以降アフガニスタンで巻き返し戦略を展開した。反米政権に対する巻き返しは、南北戦争(1861年-1865年)、第一次世界大戦(対ドイツ:1918年)、第二次世界大戦(対イタリア:1943年、対ドイツ:1945年、対日本:1945年)、1953年のイランのクーデター(対モハンマド・モサッデク)、チリ(対サルバドール・アジェンデ)、パナマ(対マヌエル・ノリエガ)、イラク(対サッダーム・フセイン)で起こった。今日では、巻き返しは時として「体制転換 (regime change)」と呼ばれる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2580710 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6531 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58734073 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 巻き返し(まきかえし、rollback)とは、国家の主要政策の変革を(通常、支配体制の転換によって)強制する戦略のことである。この概念は、国家の拡大阻止を意味する封じ込めや、国家との連携を意味するデタントと対照をなす。学術論文中の巻き返しに関する議論の大半は、冷戦中の共産主義国に対する米国の外交政策に関するものである。1950年に朝鮮で、また1961年にはキューバで巻き返し戦略が図られたが、失敗した。米国の政治指導部は、1953年の東ドイツにおける反乱や1956年のハンガリーにおける革命の際にも巻き返しの実施を検討したが、ソヴィエト連邦の干渉と激突の危険を避けるために、反乱勢力に不利な決定を下した。共和党のバリー・ゴールドウォーター上院議員は、1962年に上梓した本の表題にもあるように、『なぜ勝たないのか (Why Not Victory?)』と問い質した。しかし、ソ連と核戦争を起こしかねない危険人物とされた彼は、1964年の大統領選で地滑り的大敗を喫した。巻き返し戦略は、1983年のグレナダ侵攻で成功を収めた。ロナルド・レーガンは1980年代、自ら名付けたところの「悪の帝国(ソ連)」に対する巻き返し戦略を推進した。北大西洋条約機構はターリバーンの支配を終わらせるために、2001年以降アフガニスタンで巻き返し戦略を展開した。反米政権に対する巻き返しは、南北戦争(1861年-1865年)、第一次世界大戦(対ドイツ:1918年)、第二次世界大戦(対イタリア:1943年、対ドイツ:1945年、対日本:1945年)、1953年のイランのクーデター(対モハンマド・モサッデク)、チリ(対サルバドール・アジェンデ)、パナマ(対マヌエル・ノリエガ)、イラク(対サッダーム・フセイン)で起こった。今日では、巻き返しは時として「体制転換 (regime change)」と呼ばれる。
rdfs:label
  • 巻き返し
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of