Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 差分解読法(さぶんかいどくほう、英: differential cryptanalysis)は、主にブロック暗号に対して用いられる暗号解読法の一種である。ストリーム暗号やハッシュ関数の攻撃にも用いられる。広い意味では、入力差分がどのように出力差分に影響を及ぼすか考察することである。ブロック暗号においては、置換ネットワークを通してどのように差分が波及するかを追跡することによって、暗号アルゴリズムの非ランダム性を発見し、秘密鍵を復元するような性質を発見することを意味する。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1117473 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4252 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50208323 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 差分解読法(さぶんかいどくほう、英: differential cryptanalysis)は、主にブロック暗号に対して用いられる暗号解読法の一種である。ストリーム暗号やハッシュ関数の攻撃にも用いられる。広い意味では、入力差分がどのように出力差分に影響を及ぼすか考察することである。ブロック暗号においては、置換ネットワークを通してどのように差分が波及するかを追跡することによって、暗号アルゴリズムの非ランダム性を発見し、秘密鍵を復元するような性質を発見することを意味する。
rdfs:label
  • 差分解読法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of