左右(さゆう、ひだりみぎ)とは、六方位の名称の一つで、横・幅を指す方位の総称。絶対的な方向ではなく、おのおのの観測者にとって、上(同時に下)と前(同時に後)の方向が定まった時に初めて、その観測者にとっての左と右の方向が決まる。前後、上下とは直角に交差し、左と右は互いに正反対である。 たとえば、アナログ時計の文字盤に向かって、(中心を基準とし)7~11 がある方向を左(ひだり)、1~5 がある方向を右(みぎ)という。あるいは南を下、北を上とした時、東の方向が右、西の方向が左となる。 左右の概念は、鏡像関係にある二つの存在を区別するためにも援用される。

Property Value
dbo:abstract
  • 左右(さゆう、ひだりみぎ)とは、六方位の名称の一つで、横・幅を指す方位の総称。絶対的な方向ではなく、おのおのの観測者にとって、上(同時に下)と前(同時に後)の方向が定まった時に初めて、その観測者にとっての左と右の方向が決まる。前後、上下とは直角に交差し、左と右は互いに正反対である。 たとえば、アナログ時計の文字盤に向かって、(中心を基準とし)7~11 がある方向を左(ひだり)、1~5 がある方向を右(みぎ)という。あるいは南を下、北を上とした時、東の方向が右、西の方向が左となる。 左右の概念は、鏡像関係にある二つの存在を区別するためにも援用される。 (ja)
  • 左右(さゆう、ひだりみぎ)とは、六方位の名称の一つで、横・幅を指す方位の総称。絶対的な方向ではなく、おのおのの観測者にとって、上(同時に下)と前(同時に後)の方向が定まった時に初めて、その観測者にとっての左と右の方向が決まる。前後、上下とは直角に交差し、左と右は互いに正反対である。 たとえば、アナログ時計の文字盤に向かって、(中心を基準とし)7~11 がある方向を左(ひだり)、1~5 がある方向を右(みぎ)という。あるいは南を下、北を上とした時、東の方向が右、西の方向が左となる。 左右の概念は、鏡像関係にある二つの存在を区別するためにも援用される。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 6853 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 17317 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81270222 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 左右(さゆう、ひだりみぎ)とは、六方位の名称の一つで、横・幅を指す方位の総称。絶対的な方向ではなく、おのおのの観測者にとって、上(同時に下)と前(同時に後)の方向が定まった時に初めて、その観測者にとっての左と右の方向が決まる。前後、上下とは直角に交差し、左と右は互いに正反対である。 たとえば、アナログ時計の文字盤に向かって、(中心を基準とし)7~11 がある方向を左(ひだり)、1~5 がある方向を右(みぎ)という。あるいは南を下、北を上とした時、東の方向が右、西の方向が左となる。 左右の概念は、鏡像関係にある二つの存在を区別するためにも援用される。 (ja)
  • 左右(さゆう、ひだりみぎ)とは、六方位の名称の一つで、横・幅を指す方位の総称。絶対的な方向ではなく、おのおのの観測者にとって、上(同時に下)と前(同時に後)の方向が定まった時に初めて、その観測者にとっての左と右の方向が決まる。前後、上下とは直角に交差し、左と右は互いに正反対である。 たとえば、アナログ時計の文字盤に向かって、(中心を基準とし)7~11 がある方向を左(ひだり)、1~5 がある方向を右(みぎ)という。あるいは南を下、北を上とした時、東の方向が右、西の方向が左となる。 左右の概念は、鏡像関係にある二つの存在を区別するためにも援用される。 (ja)
rdfs:label
  • 左右 (ja)
  • 左右 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:立ち位置 of
is foaf:primaryTopic of