Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。大阪府出身。東京帝国大学国文学科卒業。大学時代に菊池寛に認められ文芸時評などで頭角を現した後、横光利一らと共に同人誌『文藝時代』を創刊。西欧の前衛文学を取り入れた新しい感覚の文学を志し「新感覚派」の作家として注目され、詩的、抒情的作品、浅草物、心霊・神秘的作品、少女小説など様々な手法や作風の変遷を見せて「奇術師」の異名を持った。その後は、死や流転のうちに「日本の美」を表現した作品、連歌と前衛が融合した作品など、伝統美、魔界、幽玄、妖美な世界観を確立させ、人間の醜や悪も、非情や孤独も絶望も知り尽くした上で、美や愛への転換を探求した数々の日本文学史に燦然とかがやく名作を遺し、日本文学の最高峰として不動の地位を築いた。日本人として初のノーベル文学賞も受賞し、受賞講演で日本人の死生観や美意識を世界に紹介した。代表作は、『伊豆の踊子』『抒情歌』『禽獣』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』など。初期の小説や自伝的作品は、川端本人が登場人物や事物などについて、随想でやや饒舌に記述している。そのため、多少の脚色はあるものの、純然たる創作(架空のできごと)というより実体験を元にした作品として具体的実名や背景が判明され、研究・追跡調査されている。川端は新人発掘の名人としても知られ、ハンセン病の青年・北條民雄の作品を世に送り出し、佐左木俊郎、武田麟太郎、藤沢恒夫、少年少女の文章、山川彌千枝、豊田正子、岡本かの子、中里恒子、三島由紀夫などを後援し、数多くの新しい才能を育て自立に導いたことも特記できる。また、その鋭い審美眼で数々の茶器や陶器、仏像や埴輪、俳画や日本画などの古美術品の蒐集家としても有名で、そのコレクションは美術的価値が高い。多くの名誉ある文学賞を受賞し、日本ペンクラブや国際ペンクラブ大会で尽力したが、多忙の中、1972年(昭和47年)4月16日夜、72歳でガス自殺した(なお、遺書はなかった)。
dbpedia-owl:activeYearsEndYear
  • 1972-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1919-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:almaMater
dbpedia-owl:award
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:deathDate
  • 1972-04-16 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:education
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:movement
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:spouse
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 5409 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 177527 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 2869 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59219384 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 東京帝国大学国文学科
prop-ja:awards
  • ゲーテ・メダル(1959年)
  • ノーベル文学賞(1968年)
  • 文化勲章(1961年)
  • 文芸懇話会賞(1937年)
  • 日本芸術院賞(1952年)
  • 毎日出版文化賞(1962年)
  • 芸術文化勲章(1960年)
  • 菊池寛賞(1944年・1958年)
  • 野間文芸賞(1954年)
  • 贈正三位勲一等旭日大綬章(1972年追贈)
prop-ja:birthDate
  • --06-14
prop-ja:birthPlace
  • ・大阪府大阪市北区此花町1丁目79番屋敷(現・大阪市北区天神橋1丁目16-12)
prop-ja:caption
  • 1938 (xsd:integer)
prop-ja:children
  • 政子(養女)、香男里(婿養子)
prop-ja:deathDate
  • 1972-04-16 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ・神奈川県逗子市小坪
prop-ja:debutWorks
  • 『十六歳の日記』(1925年、執筆1914年)
  • 『ちよ』(1919年)
  • 『招魂祭一景』(1921年)
prop-ja:education
  • 文学士(東京帝国大学・1924年)
prop-ja:genre
prop-ja:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:language
prop-ja:movement
prop-ja:name
  • 川端 康成
  • (かわばた やすなり)
prop-ja:notableWorks
  • 『伊豆の踊子』(1926年)
  • 『千羽鶴』(1949年)
  • 『古都』(1961年)
  • 『山の音』(1949年)
  • 『抒情歌』(1932年)
  • 『眠れる美女』(1960年)
  • 『禽獣』(1933年)
  • 『雪国』(1935年-1948年)
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1919 (xsd:integer)
prop-ja:relations
  • あかり、秋成(孫)
  • 三八郎(祖父)、カネ(祖母)
  • 栄吉(父)、ゲン(母)
  • 田中ソノ、岩太郎(伯母、従兄)
  • 秋岡タニ、義愛(叔母、従兄)
  • 芳子(姉)、恒太郎(伯父)
  • 黒田秀太郎、秀孝(伯父、従兄)
prop-ja:restingPlace
  • ・鎌倉霊園
prop-ja:spouse
prop-ja:subject
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。大阪府出身。東京帝国大学国文学科卒業。大学時代に菊池寛に認められ文芸時評などで頭角を現した後、横光利一らと共に同人誌『文藝時代』を創刊。西欧の前衛文学を取り入れた新しい感覚の文学を志し「新感覚派」の作家として注目され、詩的、抒情的作品、浅草物、心霊・神秘的作品、少女小説など様々な手法や作風の変遷を見せて「奇術師」の異名を持った。その後は、死や流転のうちに「日本の美」を表現した作品、連歌と前衛が融合した作品など、伝統美、魔界、幽玄、妖美な世界観を確立させ、人間の醜や悪も、非情や孤独も絶望も知り尽くした上で、美や愛への転換を探求した数々の日本文学史に燦然とかがやく名作を遺し、日本文学の最高峰として不動の地位を築いた。日本人として初のノーベル文学賞も受賞し、受賞講演で日本人の死生観や美意識を世界に紹介した。代表作は、『伊豆の踊子』『抒情歌』『禽獣』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』など。初期の小説や自伝的作品は、川端本人が登場人物や事物などについて、随想でやや饒舌に記述している。そのため、多少の脚色はあるものの、純然たる創作(架空のできごと)というより実体験を元にした作品として具体的実名や背景が判明され、研究・追跡調査されている。川端は新人発掘の名人としても知られ、ハンセン病の青年・北條民雄の作品を世に送り出し、佐左木俊郎、武田麟太郎、藤沢恒夫、少年少女の文章、山川彌千枝、豊田正子、岡本かの子、中里恒子、三島由紀夫などを後援し、数多くの新しい才能を育て自立に導いたことも特記できる。また、その鋭い審美眼で数々の茶器や陶器、仏像や埴輪、俳画や日本画などの古美術品の蒐集家としても有名で、そのコレクションは美術的価値が高い。多くの名誉ある文学賞を受賞し、日本ペンクラブや国際ペンクラブ大会で尽力したが、多忙の中、1972年(昭和47年)4月16日夜、72歳でガス自殺した(なお、遺書はなかった)。
rdfs:label
  • 川端康成
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 川端 康成
  • (かわばた やすなり)
is dbpedia-owl:author of
is dbpedia-owl:basedOn of
is dbpedia-owl:illustrator of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:type of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is dbpedia-owl:writer of
is prop-ja:author of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:備考 of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:脚本 of
is prop-ja:配偶者 of
is prop-ja:関係する人物 of
is foaf:primaryTopic of