Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 嶋中事件(しまなかじけん)は、1961年2月1日に日本で起こった右翼による言論抑圧を目的としたテロ事件である。事件のきっかけとなった深沢七郎の短編小説の題名をとって、風流夢譚事件(ふうりゅうむたんじけん)とも言う。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 384388 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14611 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 180 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59152036 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:動機
prop-ja:名称
  • 嶋中事件
prop-ja:場所
  • 東京都新宿区市谷砂土原町
prop-ja:対処
  • 大日本愛国党総裁の赤尾敏は首謀者と見られて逮捕されたが、不起訴処分で釈放された。
  • 事件翌日の朝、犯人少年Kは浅草署山谷の交番に自ら出頭。後の裁判で懲役15年が確定した。
prop-ja:日付
  • --02-01
prop-ja:時間
  • 午後9時15分ごろ
prop-ja:概要
  • 同日夜に家に上がりこんだ犯人は「主人を出せ」と暴れ、ナイフで居合わせた女性2名を死傷させた。屋内には夫人と子供2人、家政婦2人の計5人がいたが、社長は不在だった。犯人はそのまま逃走した。
prop-ja:標的
  • 中央公論社嶋中鵬二社長(不在)
prop-ja:武器
  • ナイフ
prop-ja:死亡
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:犯人
  • 少年K
prop-ja:負傷
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:関与
  • 大日本愛国党(少年Kは正式な党員ではなかった)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 嶋中事件(しまなかじけん)は、1961年2月1日に日本で起こった右翼による言論抑圧を目的としたテロ事件である。事件のきっかけとなった深沢七郎の短編小説の題名をとって、風流夢譚事件(ふうりゅうむたんじけん)とも言う。
rdfs:label
  • 嶋中事件
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of