Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 称十代目 嵐三右衞門(しょう じゅうだいめ あらし さんえもん、新字体:〜衛門、1906年(明治39年)10月23日 - 1980年(昭和55年)7月17日)は関西の歌舞伎役者。屋号は津の國屋。定紋は八角小の字、替紋は橘の三重ね。本名は大川 實(おおかわ みのる)。十一代目 嵐三右衞門(じゅういちだいめ あらしさんえもん)としても知られる。大阪生まれ。はじめ三代目中村梅玉門人で、明治45年(1912年)大阪浪花座で中村福萬壽を名乗って初舞台。昭和4年(1929年)、大阪中座『二人袴』の雛鶴で七代目中村駒之助を襲名。昭和23年(1948年)正月大阪中座復興杮落しの『雪女五枚羽子板』で大名跡・嵐三右衛門を襲名した。三右衛門代々としては「十一代目」のはずなのだが、本人は一貫して「十代目」を称してはばからなかった。立派な風貌で人気を集めていたが、関西歌舞伎が衰退する中、昭和29年(1954年)宝塚新芸座に移籍、大衆演劇の世界に入る。ここでは座頭として活躍。桂春坊(二代目露の五郎兵衛)や笑福亭松之助ら若手落語家と舞台をともにしたこともある。昭和33年(1958年)には宝塚映画に参加。その後歌舞伎の舞台に復帰した。主に二代目中村鴈治郎の相方を勤め、『心中天網島・河庄』の太兵衛や『梶原平三誉石切』(石切梶原)の呑助などの脇役が好評だったが、往年の生彩はなかった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1114363 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 949 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57030316 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 称十代目 嵐三右衞門(しょう じゅうだいめ あらし さんえもん、新字体:〜衛門、1906年(明治39年)10月23日 - 1980年(昭和55年)7月17日)は関西の歌舞伎役者。屋号は津の國屋。定紋は八角小の字、替紋は橘の三重ね。本名は大川 實(おおかわ みのる)。十一代目 嵐三右衞門(じゅういちだいめ あらしさんえもん)としても知られる。大阪生まれ。はじめ三代目中村梅玉門人で、明治45年(1912年)大阪浪花座で中村福萬壽を名乗って初舞台。昭和4年(1929年)、大阪中座『二人袴』の雛鶴で七代目中村駒之助を襲名。昭和23年(1948年)正月大阪中座復興杮落しの『雪女五枚羽子板』で大名跡・嵐三右衛門を襲名した。三右衛門代々としては「十一代目」のはずなのだが、本人は一貫して「十代目」を称してはばからなかった。立派な風貌で人気を集めていたが、関西歌舞伎が衰退する中、昭和29年(1954年)宝塚新芸座に移籍、大衆演劇の世界に入る。ここでは座頭として活躍。桂春坊(二代目露の五郎兵衛)や笑福亭松之助ら若手落語家と舞台をともにしたこともある。昭和33年(1958年)には宝塚映画に参加。その後歌舞伎の舞台に復帰した。主に二代目中村鴈治郎の相方を勤め、『心中天網島・河庄』の太兵衛や『梶原平三誉石切』(石切梶原)の呑助などの脇役が好評だったが、往年の生彩はなかった。
rdfs:label
  • 嵐三右衛門 (11代目)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of