Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 崇実(すうじつ、Chongshi、1820年 - 1876年)は、清朝の官僚。字は子華。満州鑲黄旗人で、金の皇室完顔氏の末裔。河道総督麟慶の子で三口通商大臣の崇厚は弟に当たる。道光30年(1850年)に進士となり、翰林院庶吉士、侍講学士、内閣学士、戸部侍郎、工部侍郎などを歴任した。咸豊9年(1859年)、駐蔵弁事大臣に任命され、任地に赴く途中に四川総督代理を命じられた。当時の四川省では李永和・藍朝鼎らの蜂起軍が雲南省から侵入し、勢力をふるっていた。崇実は湖北巡撫駱秉章と協力して戦いに当たり、咸豊11年(1861年)に駱秉章が四川総督となると成都将軍に転任となった。その時、藍朝鼎は十数万の衆を率いて綿州を包囲していたが、崇実・駱秉章軍は敵を撃破して綿州の包囲を解き、翌同治元年(1862年)に丹棱で藍朝鼎を戦死させた。同治7年(1868年)には唐炯を貴州省に派遣して、号軍やミャオ族の蜂起を鎮圧させた。同治10年(1871年)に北京に呼び戻され、鑲白旗蒙古都統に任命され、同治12年(1873年)に刑部尚書となった。光緒元年(1875年)、盛京将軍に任命され、馬賊対策と行政改革にあたった。在任中に死去。死後、文勤の諡号が贈られた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1763338 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1134 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57509595 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 崇実(すうじつ、Chongshi、1820年 - 1876年)は、清朝の官僚。字は子華。満州鑲黄旗人で、金の皇室完顔氏の末裔。河道総督麟慶の子で三口通商大臣の崇厚は弟に当たる。道光30年(1850年)に進士となり、翰林院庶吉士、侍講学士、内閣学士、戸部侍郎、工部侍郎などを歴任した。咸豊9年(1859年)、駐蔵弁事大臣に任命され、任地に赴く途中に四川総督代理を命じられた。当時の四川省では李永和・藍朝鼎らの蜂起軍が雲南省から侵入し、勢力をふるっていた。崇実は湖北巡撫駱秉章と協力して戦いに当たり、咸豊11年(1861年)に駱秉章が四川総督となると成都将軍に転任となった。その時、藍朝鼎は十数万の衆を率いて綿州を包囲していたが、崇実・駱秉章軍は敵を撃破して綿州の包囲を解き、翌同治元年(1862年)に丹棱で藍朝鼎を戦死させた。同治7年(1868年)には唐炯を貴州省に派遣して、号軍やミャオ族の蜂起を鎮圧させた。同治10年(1871年)に北京に呼び戻され、鑲白旗蒙古都統に任命され、同治12年(1873年)に刑部尚書となった。光緒元年(1875年)、盛京将軍に任命され、馬賊対策と行政改革にあたった。在任中に死去。死後、文勤の諡号が贈られた。
rdfs:label
  • 崇実
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of