Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 岸田國士戯曲賞(きしだくにおぎきょくしょう)とは、劇作家・岸田國士の業績を顕彰するとともに、若手劇作家の育成を目的に白水社が主催する戯曲賞。新人劇作家の登竜門とされ、「演劇界の芥川賞」という異名を持つが、ベテラン作家の受賞も多い。1955年に新劇戯曲賞として創設され、1961年に新潮社の岸田演劇賞を吸収合併して「新劇」岸田戯曲賞となった。その後、1979年に岸田國士戯曲賞と改称され現在に至っている。受賞者には正賞として記念時計、副賞として賞金が贈られる。最年少受賞記録は、24歳の柳美里(第37回)。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 146463 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 289 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58800185 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 岸田國士戯曲賞(きしだくにおぎきょくしょう)とは、劇作家・岸田國士の業績を顕彰するとともに、若手劇作家の育成を目的に白水社が主催する戯曲賞。新人劇作家の登竜門とされ、「演劇界の芥川賞」という異名を持つが、ベテラン作家の受賞も多い。1955年に新劇戯曲賞として創設され、1961年に新潮社の岸田演劇賞を吸収合併して「新劇」岸田戯曲賞となった。その後、1979年に岸田國士戯曲賞と改称され現在に至っている。受賞者には正賞として記念時計、副賞として賞金が贈られる。最年少受賞記録は、24歳の柳美里(第37回)。
rdfs:label
  • 岸田國士戯曲賞
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:award of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:その他の賞 of
is prop-ja:受賞 of
is foaf:primaryTopic of