Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 岸 信介(きし のぶすけ、1896年〈明治29年〉11月13日 - 1987年〈昭和62年〉8月7日)は、日本の政治家、官僚。旧姓佐藤(さとう)。満州国総務庁次長、商工大臣(第24代)、衆議院議員(9期)、自由民主党幹事長(初代)、外務大臣(第86・87代)、内閣総理大臣(第56・57代)などを歴任し、「昭和の妖怪」と呼ばれた。東京帝国大学卒業後、農商務省、商工省にて要職を歴任。建国されたばかりの満州国では国務院高官として満州産業開発五カ年計画を手がけ、「弐キ参スケ」の一角を占める。その後、日本の商工省に復帰し、次官就任。東條内閣では商工大臣として入閣し、のちに無任所の国務大臣として軍需省の次官を兼任する。昭和戦前は「革新官僚」の筆頭格として陸軍からも関東軍からも嘱望された。東條英機内閣の大東亜戦争開戦時の重要閣僚であったことから極東国際軍事裁判ではA級戦犯被疑者として3年半拘留された。しかし、即時停戦講和を求めて東条内閣を閣内不一致で倒閣した最大の功労者であることなどの事情が考慮されて不起訴のまま無罪放免されている。他の戦争指導者同様、公職追放は免れなかったが、それも東西冷戦の影響による米国の方針変更によりサンフランシスコ講和条約発効とともに解除される。政界に復帰し、弟の佐藤栄作も属する吉田自由党に入党するが吉田茂と対立して除名、日本民主党の結党に加わり、保守合同で自由民主党が結党されると幹事長となった。石橋内閣にて外務大臣に就任。首班石橋湛山の病気により石橋内閣が総辞職すると、後任の内閣総理大臣に指名され、日米安保体制の成立に尽力し、60年安保の苦境も乗り切った。首相退任後も政界に影響力を持ち、自主憲法制定運動に努めた。位階は正二位、勲等は大勲位。皇學館大学総長(第2代)なども務めた。第61・62・63代内閣総理大臣佐藤栄作は実弟であり、第90・96・97代内閣総理大臣安倍晋三は岸の外孫にあたる。
dbpedia-owl:activeYearsStartDate
  • 1923-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthDate
  • 2013-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1987-08-07 (xsd:date)
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:party
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:spouse
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1227187 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 50323 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 937 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59126342 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1943 (xsd:integer)
  • 1957 (xsd:integer)
  • 初代:1954年 - 1955年
  • 初代:1955年 - 1956年
  • 第24代:1941年 - 1943年
  • (石橋内閣)
  • 第2代:1968年 - 1987年
  • 第3代:1957年 - 1960年
  • 第56・57代:1957年 - 1960年
  • 第86・87代:1956年 - 1957年
prop-ja:その他職歴
prop-ja:サイン
  • KishiN kao.png
prop-ja:人名
  • 岸 信介
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
  • 天皇
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 山口県吉敷郡山口町
  • (現山口市)
prop-ja:出身校
  • 東京帝国大学
  • (現・東京大学)
prop-ja:前代
  • 55 (xsd:integer)
prop-ja:前職
prop-ja:前首相名
  • 石橋湛山
prop-ja:各国語表記
  • きし のぶすけ
prop-ja:国旗
  • JPN
prop-ja:在任期間
  • 1957 (xsd:integer)
prop-ja:就任日
  • --01-31
  • --02-25
  • --04-20
  • --05-01
  • --10-08
  • --10-18
  • --12-23
prop-ja:当代
  • 56 (xsd:integer)
prop-ja:所属政党
  • dbpedia-ja:自由民主党_(日本)
  • (無所属→)
  • (自由党→)
  • (日本民主党→)
  • (翼賛政治会→)
  • (日本再建連盟→)
  • (護国同志会→)
prop-ja:次代
  • 58 (xsd:integer)
prop-ja:次首相名
  • 池田勇人
prop-ja:没年月日
  • 1987-08-07 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --11-13
prop-ja:画像
  • Nobusuke Kishi 01.jpg
prop-ja:画像説明
  • 1961 (xsd:integer)
prop-ja:称号・勲章
prop-ja:職名
prop-ja:親族(政治家)_
  • 兄・佐藤市郎
  • 娘婿・安倍晋太郎
  • 孫・安倍晋三
  • 孫・岸信夫
  • 弟・佐藤栄作
  • 曾祖父・佐藤信寛
  • 父・佐藤秀助
  • 甥・佐藤信二
  • 祖父・佐藤信彦
prop-ja:退任日
  • --02-25
  • --07-10
  • --07-19
  • --07-22
  • --09-07
  • --10-08
prop-ja:退任理由
prop-ja:配偶者
  • 妻・岸良子
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 岸 信介(きし のぶすけ、1896年〈明治29年〉11月13日 - 1987年〈昭和62年〉8月7日)は、日本の政治家、官僚。旧姓佐藤(さとう)。満州国総務庁次長、商工大臣(第24代)、衆議院議員(9期)、自由民主党幹事長(初代)、外務大臣(第86・87代)、内閣総理大臣(第56・57代)などを歴任し、「昭和の妖怪」と呼ばれた。東京帝国大学卒業後、農商務省、商工省にて要職を歴任。建国されたばかりの満州国では国務院高官として満州産業開発五カ年計画を手がけ、「弐キ参スケ」の一角を占める。その後、日本の商工省に復帰し、次官就任。東條内閣では商工大臣として入閣し、のちに無任所の国務大臣として軍需省の次官を兼任する。昭和戦前は「革新官僚」の筆頭格として陸軍からも関東軍からも嘱望された。東條英機内閣の大東亜戦争開戦時の重要閣僚であったことから極東国際軍事裁判ではA級戦犯被疑者として3年半拘留された。しかし、即時停戦講和を求めて東条内閣を閣内不一致で倒閣した最大の功労者であることなどの事情が考慮されて不起訴のまま無罪放免されている。他の戦争指導者同様、公職追放は免れなかったが、それも東西冷戦の影響による米国の方針変更によりサンフランシスコ講和条約発効とともに解除される。政界に復帰し、弟の佐藤栄作も属する吉田自由党に入党するが吉田茂と対立して除名、日本民主党の結党に加わり、保守合同で自由民主党が結党されると幹事長となった。石橋内閣にて外務大臣に就任。首班石橋湛山の病気により石橋内閣が総辞職すると、後任の内閣総理大臣に指名され、日米安保体制の成立に尽力し、60年安保の苦境も乗り切った。首相退任後も政界に影響力を持ち、自主憲法制定運動に努めた。位階は正二位、勲等は大勲位。皇學館大学総長(第2代)なども務めた。第61・62・63代内閣総理大臣佐藤栄作は実弟であり、第90・96・97代内閣総理大臣安倍晋三は岸の外孫にあたる。
rdfs:label
  • 岸信介
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 岸 信介
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:footnotes of
is prop-ja:元首 of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is foaf:primaryTopic of