Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 岩頸(がんけい)あるいは岩栓(がんせん)、突岩(とつがん)とは、火道内のマグマが硬化してできた形成物である。火山が侵食によって削られて、火道内の岩栓が地表に現れた独特の地形を岩頸または突岩と呼ぶ。しばしば、これら下にはマグマ溜まりが存在することがあり、その圧力によって火山爆発が起こることがある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1893224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1166 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59103144 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 岩頸(がんけい)あるいは岩栓(がんせん)、突岩(とつがん)とは、火道内のマグマが硬化してできた形成物である。火山が侵食によって削られて、火道内の岩栓が地表に現れた独特の地形を岩頸または突岩と呼ぶ。しばしば、これら下にはマグマ溜まりが存在することがあり、その圧力によって火山爆発が起こることがある。
rdfs:label
  • 岩頸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:種類 of
is foaf:primaryTopic of