Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 岩本 素白(いわもと そはく 、1883年8月17日 - 1961年10月2日)は、国文学者、随筆家。本名は堅一(けんいち)。東京府麻布に生まれる、父竹次郎は旧丸亀藩士で海軍勤務であった。東京専門学校(現:早稲田大学)文学部国文科卒業。母校の麻布中学教諭(恩師は創立者の江原素六)を経て、昭和7年(1932年)より、早稲田大学文学部国文科講師(のち教授)で随筆文学講座を担当。戦災で自宅蔵書を失い、信州に疎開した。昭和29年(1954年)に定年退職後は、麻布高校、跡見学園短期大学でも教えた。自宅書斎で執筆中に倒れ、約一ヶ月後に亡くなった。義理堅く潔癖な性格のため、自身の著書公刊には積極的では無く、『素白全集 (全3巻)』も少部数しか刷られなかった(ゆえに揃いの古書値は高価)。近年になり著作や人となりが、識者に見直され新版再刊されている。早稲田大学での同僚に、歌人の窪田空穂がおり、主宰する歌誌『槻(つき)の木』に参加し、短歌や随筆を発表した。同じく歌人・東洋美術史学者の會津八一も友人であった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2289906 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1447 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58409762 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 岩本 素白(いわもと そはく 、1883年8月17日 - 1961年10月2日)は、国文学者、随筆家。本名は堅一(けんいち)。東京府麻布に生まれる、父竹次郎は旧丸亀藩士で海軍勤務であった。東京専門学校(現:早稲田大学)文学部国文科卒業。母校の麻布中学教諭(恩師は創立者の江原素六)を経て、昭和7年(1932年)より、早稲田大学文学部国文科講師(のち教授)で随筆文学講座を担当。戦災で自宅蔵書を失い、信州に疎開した。昭和29年(1954年)に定年退職後は、麻布高校、跡見学園短期大学でも教えた。自宅書斎で執筆中に倒れ、約一ヶ月後に亡くなった。義理堅く潔癖な性格のため、自身の著書公刊には積極的では無く、『素白全集 (全3巻)』も少部数しか刷られなかった(ゆえに揃いの古書値は高価)。近年になり著作や人となりが、識者に見直され新版再刊されている。早稲田大学での同僚に、歌人の窪田空穂がおり、主宰する歌誌『槻(つき)の木』に参加し、短歌や随筆を発表した。同じく歌人・東洋美術史学者の會津八一も友人であった。
rdfs:label
  • 岩本素白
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of