Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 岡田東洋・小菊(おかだとうよう・こぎく)は戦後にかけて活躍した夫婦の漫才コンビ。松葉家奴の門下、1946年に秋田實の門下で後に「MZ研進会」で修行積む。東洋は奇術出身。どさ廻りしていた時に横浜のデパートで小菊と知り合ったという。漫才の合間に時折見せる東洋の奇術、口笛の演奏、小菊は琉装を身に纏い三線を片手、口には小さな笛をくわえて沖縄民謡を唄うといった当時では珍しい異色の漫才コンビ。戎橋松竹、旧うめだ花月で活躍。生涯ほとんどトリを取ることなく、いわゆる三番叟(初めの方に出る芸人の通称)であった。1977年頃に廃業した。「うちのばあさんが舞い舞って死んだんや!!」「どんな舞やねん」「心臓舞(舞)や!!」と言うつかみネタがあった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1508238 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 780 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 42734249 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 岡田東洋・小菊(おかだとうよう・こぎく)は戦後にかけて活躍した夫婦の漫才コンビ。松葉家奴の門下、1946年に秋田實の門下で後に「MZ研進会」で修行積む。東洋は奇術出身。どさ廻りしていた時に横浜のデパートで小菊と知り合ったという。漫才の合間に時折見せる東洋の奇術、口笛の演奏、小菊は琉装を身に纏い三線を片手、口には小さな笛をくわえて沖縄民謡を唄うといった当時では珍しい異色の漫才コンビ。戎橋松竹、旧うめだ花月で活躍。生涯ほとんどトリを取ることなく、いわゆる三番叟(初めの方に出る芸人の通称)であった。1977年頃に廃業した。「うちのばあさんが舞い舞って死んだんや!!」「どんな舞やねん」「心臓舞(舞)や!!」と言うつかみネタがあった。
rdfs:label
  • 岡田東洋・小菊
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of