Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 岡本 太郎(おかもと たろう、1911年(明治44年)2月26日 - 1996年(平成8年)1月7日)は、日本の芸術家。血液型はO型。1930年(昭和5年)から1940年(昭和15年)までフランスで過ごす。抽象美術運動やシュルレアリスム運動とも交流(ただし合流はしていない)した。第二次世界大戦後、日本で積極的に絵画・立体作品を制作するかたわら、縄文土器論や沖縄文化論を発表するなど文筆活動も行い、雑誌やテレビなどのメディアにも1950年代から積極的に出演した。
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:field
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:movement
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:training
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2906 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 33963 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 717 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58964763 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:awards
  • 芸術文化勲章(フランス。1984年、1989年)
prop-ja:bgcolour
  • #FF0000
prop-ja:birthdate
  • --02-26
prop-ja:caption
  • 1953 (xsd:integer)
  • 自宅アトリエにて撮影。
prop-ja:date
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:deathdate
  • --01-07
prop-ja:deathplace
  • 東京都新宿区信濃町35(慶應義塾大学病院)
prop-ja:field
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
prop-ja:influencedBy
prop-ja:location
  • 神奈川県橘樹郡高津村大字二子(現・神奈川県川崎市高津区二子)
prop-ja:movement
prop-ja:name
  • 岡本 太郎
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:training
  • パリ大学ソルボンヌ校哲学科にて美学履修の記録がある。正規学生か聴講生かは不詳。
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:works
  • 《傷ましき腕》、《重工業》、《明日の神話》、《マミ会館》、《太陽の塔》、ほか
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 岡本 太郎(おかもと たろう、1911年(明治44年)2月26日 - 1996年(平成8年)1月7日)は、日本の芸術家。血液型はO型。1930年(昭和5年)から1940年(昭和15年)までフランスで過ごす。抽象美術運動やシュルレアリスム運動とも交流(ただし合流はしていない)した。第二次世界大戦後、日本で積極的に絵画・立体作品を制作するかたわら、縄文土器論や沖縄文化論を発表するなど文筆活動も行い、雑誌やテレビなどのメディアにも1950年代から積極的に出演した。
rdfs:label
  • 岡本太郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 岡本 太郎
is dbpedia-owl:creator of
is dbpedia-owl:painter of
is dbpedia-owl:relation of
is dbpedia-owl:relative of
is dbpedia-owl:starring of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:artist of
is prop-ja:relations of
is prop-ja:出演者 of
is prop-ja:建築家・技術者 of
is prop-ja:親戚 of
is prop-ja:設計者 of
is foaf:primaryTopic of